【日本の心霊スポット】長野県に巣食う怨霊たち!?諏訪湖に現れる白い服の女!!(1/2)

日本の心霊スポット 長野県 諏訪湖 湯川ダム 軽井沢大橋

画像:Patrick Feller on flickr

スポンサーリンク
日本各地のガチで行ってはいけないスポットを紹介する【日本の心霊スポット】です。オカルト好きにはたまらない呪われた廃墟や、幽霊が出ると噂されるスポットばかりを集めました。
今回は長野県篇です。超穴場ともいうべき心霊スポットには、幽霊が数回目撃されているといわれているいわくつきばかりです。知られざる秘境をお届けします。

湯川ダム

長野県の有名な心霊スポットというと、軽井沢大橋を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。なぜなら軽井沢大橋は、自殺の名所と言われているからです。

橋から川までの落差は100メートル以上のため、落ちれば命の保証はありません。あまりに自殺者が多いからなのか現在では、自殺防止の有刺鉄線が設けられています。これがより一層の危険を感じさせます。

軽井沢大橋を通る際は、絶対に守らなければならないルールのようなものが、実しやかに都市伝説として流れているようです。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

号泣・島田秀平のガチの恐怖体験、軽井沢編

今回紹介するのは軽井沢大橋ではなく、湯川ダムです。あまりに自殺の名所として有名なため、その存在は陰に隠れてしまっているようですが、湯川ダムもかなり危険な心霊スポットであることは間違いないでしょう。なぜなら湯川ダム、身投げした遺体が流れつく場所といわれているからです。

遺体が流れつく現実的な問題はありますが、湯川ダムは軽井沢大橋のすぐ近くにあり、重苦しい雰囲気は同じといえるでしょう。もしかすると自殺者の魂が行き場をなくして、霊の溜まり場となってさまよっているかもしれません。

湯川ダムの周辺は、豊かな自然に恵まれています。太陽の出ていれば、絶景を楽しめます。しかし、暗くなった夜は注意してください。森に迷い込んだ浮かばれぬ魂と出会ってしまう恐れがあるかもしれません。
 
出典:​ダム浪漫
スポンサーリンク
スポンサーリンク