シリアルキラーの特徴に驚愕!?あなたに襲いかかる魔の手!!(2/2)

シリアルキラー

画像:Craig on flickr

スポンサーリンク

幼年期

シリアルキラーになる背景には、子供の頃のまわりの環境が影響するともいわれています。一概には言えませんが、虐待や精神的苦痛も原因と囁かれています。

その他にも、12歳を過ぎてもおねしょをする傾向が挙げられます。一説によるとおねしょと放火、小動物の虐めには関係性があると指摘されています。おねしょをすることで、精神的ストレスが高まるからといわれています。

おねしょは子供にとって恥ずかしい体験です。それが原因で周りにからかわれたり、いじめられたりすれば自尊心は傷つくでしょう。子供は自信を失い、自身の怒りや挫折感に苛まれます。

おねしょは、子供自身ではどうすることもできません。これらのストレスを発散するため、放火や弱いものを傷つけるようになるかもしれないと考えられています。

身体的原因かはわかりませんが、シリアルキラーの多くが、大きくなるまでおねしょをしていたという統計も出ているようです。いずれにしても幼年期の精神的ストレスが大きく影響するようです。

性的異常性

子供時代からシリアルキラーは、性的に異常があったとされています。これは、社会道徳から逸脱した性的行動を指します。特にのぞきやフェティシズムなどに強い関心があったそうです。

子供時代ですので悪意はありません。しかし、それが歪んで発展し、社会から逸脱したことで、最終的に犯罪に強い関心を持つそう場合もあるそうです。シリアルキラーの過去にみられた共通項なので自身や子供を心配することはありませんが、念のためそういった趣味は子供の前では控えた方が良いのかもしれませんね。

今回紹介したのは、あくまでシリアルキラーにみられた特徴の一説です。すべてがシリアルキラーになる原因でも傾向でもありません。統計的に導き出された共通項です。これらの項目に根拠や確定が無い場合もありますことをご理解ください。

​参考サイト:
NAVERまとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク