【日本の都市伝説】東京地下に国家規模の施設が!?謎の空間に迫る!!(1/2)

都市伝説 地下鉄 東京

画像:Jimmy B on flickr

スポンサーリンク
東京には多くの地下鉄が走っており、地下に展開している商業施設もたくさんあります。そのため、ほとんどの人は地下に馴染みを持っていることでしょう。

しかし、実は私たちの知らない巨大な空間が地下に存在していたとしたら、どうでしょうか。ここでは、東京の地下にあるといわれる謎の空間の都市伝説をていきましょう。

戦前の軍用通路説

東京の地下空間に関する最も有名な説は、戦前の軍用通路・軍用線路がそのまま残されているというものです。また、政府専用の連絡通路や核シェルターがあるという説もあります。これらの施設が使われるのは有事の時ですから、国民に存在が公表されないのは当然です。

このような説が囁かれる理由は、東京の地下鉄の構造にあります。路線マップを見ればわかる通り、東京の地下鉄は非常に複雑に入り組んでいます。中には明らかに不自然なカーブや上下の落差がある部分も見られるため、「何かを避けて通っているのでは?」という憶測を生んでいるのです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク