意外に知られていない神秘の国フィリピンの行ってみたい心霊&パワースポット(1/2)

フィリピン 心霊スポット パワースポット

画像:Nick Turner on flickr

スポンサーリンク
東南アジアの島国フィリピンは、近年観光地としても栄えています。有名な観光地といえばセブ島やボラカイ島でしょう。リゾートを中心にホテルやカジノで観光客を惹きつけています。日本でもフィリピンに観光に行く人も増えているようです。

そこで今回は、フィリピンに行ったら是非立ち寄ってもらいたい心霊スポット&パワースポットを紹介したいと思います。フィリピン旅行で今後注目されるかもしれない2大スポットです。

心霊スポット:カバヤン

通称「ミイラの洞窟」と呼ばれる心霊スポットは、フィリピン北部のルソン島にあります。ルソン島の都市バギオから車で4時間走った山奥にカバヤンという村があります。

村には、この地域の歴史を紹介する博物館があり、まずはそちらに行ってみるのもおススメです。博物館内には、昔の村人が使ったと思われる衣服や日常品などの調度品が並べられています。その中には、木の棺に納められたミイラがそのまま展示されています。

このミイラは、村外れの洞窟から出土したものです。およそ13世紀から15世紀にかけて、村では墓の代わりに死んだ人をミイラ化させ、洞窟内に納めるという風習があったそうです。

村では、腐らせないように煙で燻るなどして遺体を保存していました。しかし、なぜそのような風習が生まれたかは定かではありません。その後、疫病の原因になると考えられ、風習は廃れてしまいます。

小さな村とはいえ、その遺体の数は膨大です。ティノンチョルロックと呼ばれる山の断崖にできた洞窟内に今でも大量のミイラが納められています。残念ながら洞窟内のミイラを観光することはできませんが、洞窟の近くまでは行けます。

ルソン島に来た際はミイラの洞窟に立ち寄ってはいかがでしょうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク