【日本の廃墟】撤去されぬまま残る巨大像!?埼玉県の採石場跡地!!

廃墟 日本 富士ガリバー王国 日窒鉱山

画像:Denis Defreyne on flickr

スポンサーリンク
廃墟というと怖いイメージやそこに残る怨念のようなものを感じずにはいられません。しかし、廃墟の雰囲気に魅了される人たちも少なくありません。それは非日常感を与える特別な場所として人々を惹きつけるわけです。

今回は日本の廃墟の中でも特に有名な場所をご紹介します。もし訪れる時は最後の注意事項もぜひご覧ください。

富士ガリバー王国

山梨県にあったテーマパークです。その特徴は、全長45メートルにもおよぶ横たわるガリバー像でしょう。

廃墟が好きな人ならその様子を画像で見たことがあるのではないでしょうか。その衝撃的な光景が見れたのが、富士ガリバー王国です。残念ながら現在はガリバー像は撤去され、私有地のため園内を自由に散策できませんが、日本屈指の廃墟として今も根強い人気があります。
出典:BuzzzFeeD

日窒鉱山

埼玉の奥秩父の山中に突然出現する廃墟群。それが日窒鉱山の旧居住地域です。こちらは石炭の採石場。一般道路の脇に廃屋があったりして雰囲気を盛り上げてくれます。

一歩足を踏み入れれば、点在するアパートや共同浴場に、昔ここで暮らした人たちの息遣いが聞こえてきそう。エロゲーの雑誌が散乱する通称「オタク部屋」を探すのも一興ですが、立入禁止なのでご注意ください。
出典:廃墟系

廃墟探訪の注意

廃墟は私有地であったり、危険だったりするために立ち入りが禁止・制限されているところがあります。事前によく調べて、必要な場合は許可を取ってから訪れるようにしてください。また、事故や霊に憑りつかれた場合は自己責任なのをお忘れなく。

参考サイト:
廃墟系
BuzzFeeD
スポンサーリンク
スポンサーリンク