メキシコ版こっくりさん!!「チャーリーゲーム」が怖すぎる!?(2/2)

チャーリーゲーム こっくりさん メキシコ 降霊術

画像:darcyadelaide on flickr

スポンサーリンク

警察の出動

ペルーでは「チャーリーゲーム」に興じていた少女たちが錯乱状態となり、教会に運びこまれた挙句、警察まで出動するという騒動に発展しました。

少女たちは、人間のものとは思えない奇声をあげながら周囲の人間に襲いかかったり、床を転げ回ったりと、もはや理性を完全に失っている状態だったそうです。

出動した警察によってやっと取り押さえられた少女たちは、5時間にも渡る悪魔祓いの儀式を受けました。悪魔祓いが始まると、少女たちは泣きわめきながら体を痙攣させ、中には気を失う少女もいたそうです。

この様子を見た専門家は「集団パニック」では説明がつかないと首をひねったといいます。ペルーだけでなくブラジルでも同様の事件が多発しており問題視されています。

最後に

「チャーリーゲーム」を終わらせたい時は必ず「Charlie, Charlie, can we stop?」(チャーリー、終わりにしない?)と聞いてください。鉛筆が「YES」に動いたなら「Good bye, Charlie」と言ってゲーム終了です。

もしもなかなか帰ってくれないようなら、「Charlie, Charlie, go away!」と帰るまで強く唱えてください。

日本でもこっくりさんをした女子高生が、パニック状態になり泣き叫んだり、集団で過呼吸になって消防が出動したりするという事件がありました。科学的には「集団パニック」または「集団ヒステリー」として説明できるようですが、果たして原因はそれだけなのでしょうか。

いずれにしても「チャーリーゲーム」などの降霊術は危険がともないます。もしも実践して具合が悪くなってもそれは自己責任です。このような降霊術は素人が手を出さないのが賢明と思います。

​参考サイト:
そよかぜ速報
スポンサーリンク
スポンサーリンク