怪談師ありがとうぁみさんの震えが止まらないほど怖い怪談集:その1(1/2)

ありがとうぁみ 芸能人 怪談師 お笑い芸人

画像:Pascal Maramis on flickr

スポンサーリンク
ありがとうぁみさんは、怪談好きの人なら知らない人はいないほど人気の怪談師です。怖いもの好きの人なら1度は耳にしたことがあるかもしれませんが、実を言うとぁみは怪談師でありながら現役のお笑い芸人でもあります。

その名の通り「ありがとう」というお笑いコンビで活動しているぁみさんは、怪談師というもう一つの顔も持っています。ありがとうぁみさんは、笑いと恐怖を両立させた人物でもあります。

ぁみさんはお笑い芸人として活躍していましたが、自身の霊体験が多く、また語りのうまさから怪談師という二足のわらじで活躍するようになりました。ぁみさんの怪談の語りは好評価され、今では人気怪談師として活躍の場を広げられています。

そんなぁみさんは、怪談を題材にトークを繰り広げるバラエティ番組「怪談グランプリ」で優勝を獲得したこともあります。その実力は怪談語りの大御所である稲川淳二も認めるほどです。

今回は、ぁみさんの語る怪談の2つを紹介します!

チェックのおじさん

芸人を目指す前、ぁみさんが故郷の山口県にまだ住んでいた頃の話です。

ぁみさんが女の子とドライブデートをしている時でした。突然女の子が何もない場所で「停めて!!!」といきなり叫んだため、ぁみさんはびっくりして急ブレーキを踏みます。

その女性はかなりの霊感の持ち主であったため、ぁみさんには見えていないモノが見えていたようでした。女性の話では、チェックのシャツを来たおじさんが突然車の前に現れたというのです。このままではおじさんを轢いてしまいかねないという危険を感じておもわず叫び声をあげたといいます。

それを聞かされたぁみさんは、恐怖に震えながらも「じゃあ、そのおじさん轢いちゃったんかな??あはは……」と雰囲気を変えようと冗談を言ってみました。すると、その女性は恐るおそる答えました。

「う、ううん、ぁみが座ってる運転席と私が座ってる助手席の間に立ってる」

結局、その女性とはお付き合いに至らなかったそうです。また後日別の人に「ぁみくんの車のタイヤにチェックのシャツを来たおじさんがからまってるよ」と言われ、さらにゾッとしたそうです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク