インチキ!?それとも陰謀!?虹で地震を予知しようとした男の悲劇とは!!(2/2)

地震 陰謀

画像:Lee Rog on flickr

スポンサーリンク

疑惑

男が新聞社宛に送った封筒には、消印に関して、あるトリックが仕掛けられているのではないかという話になったのです。男は事前に、自分宛てに封書を送ることで、消印付きの封筒を手に入れていたのではないか、というのです。

そして、実際に地震が起きた後で、そのことを記した手紙を、消印の押されている封筒の中に入れ、自分自身で新聞社に直接投函していたのではないか…、そんな疑いが掛けられたのです。

でっちあげ

こうして、虹で地震を予知していた男は、後ろ指を指されながら、辛い一生を送ることになってしまったのですが、それでも彼は、虹と地震の研究を晩年までやめなかった、と言います。…というのも、彼がトリックをつかって、新聞社を騙していた、という話の方がどうやら「でっちあげ」だったという説があるのです。

まとめ

つまり、彼の予知能力は本物だった可能性が高いということです。それにも関わらず、何らかの大きな力によって、インチキであるという嘘の噂が流されてしまったのかもしれないのです。

だとしたら、それは一体何故なのか…。地震を予知されてしまっては困る人々が、実はこの日本に存在する、ということなのかもしれません。

よく考えると、ちょっと恐ろしい話です。

参考サイト:
オカルト・クロニクル
スポンサーリンク
スポンサーリンク