世界的映画女優の死は謎だらけ!?根強い人気を誇るマリリン・モンローの噂!!(1/2)

マリリン・モンロー 陰謀論 女優 ハリウッド ジョン・F・ケネディ

画像:Prayitno / Thank you for (12 millions +) view on f

スポンサーリンク
マリリン・モンローといえば、日本においても知らぬ者はいない世界的な映画スターだ。魅惑的な面差し、しなやかな体つき、そしてどこかミステリアスで人を惹きつけるオーラを持った彼女は、正しく“伝説の女優”と言って良い存在だろう。

マリリン・モンローは持ち前の完璧主義な性格から、己を美しく魅せるための努力と計算を惜しまなかったという。現代においてもそんな彼女に憧れを抱く女性は多く、美の追求における話題では必ずと言って良いほどその名前が挙がる。

しかし1950年代のアメリカで光り輝いた彼女の背後に潜む影は、酷く暗いものだった。

悲惨な過去

マリリン・モンローの生い立ちは、お世辞にも幸福とは言えない。まず母親が精神病を患い、母の親友が保護者役を買って出た。しかしその母親の親友も結婚を機にモンローを孤児院へと預け、以降彼女はいくつかの家の養子として、(里親に贈られる援助金目当ての家々から)たらい回しにされたのだ。

この過程でモンローは性的虐待やネグレクトを受けながら育ち、吃音症も患ってしまったのだという。その愛を欠いた生活が、後の彼女の恋愛にも大きな影響をもたらしたのだろうか。以降の彼女は36年という短い生涯を終えるまで、離婚と結婚、そして不倫を幾度も繰り返すこととなる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク