偶然の幸運は目の前にある!セレンディピティを引き寄せる方法(1/2)

セレンディピティ 偶然 科学者 発明 トリビア

画像:qingqing3 on flickr

スポンサーリンク

セレンディピティ

セレンディピティとは、「偶然の幸運」とも呼ばれ、いくつもの偶然をきっかけに予想外の幸運や発見の際に用いられる言葉です。これは、18世紀イギリスの政治家であり、小説家のホレス・ウォルポールが作った造語です。

ウォルポール氏は、幼少期に読んだペルシャの童話『セレンディップの3人の王子』からヒントを得ます。この童話は、旅する王子が、さまざまな出来事から目的とは違う別の何かを偶然にも発見するというお話です。

ウォルポール氏は、この偶然の発見や幸福の話をセレンディピティという言葉で友人に伝えたことから広まりました。以後、セレンディピティは、意図せぬ幸運や偶発的な発見という意味で使われるようになります。

特に、科学の分野においてセレンディピティな出来事による大発見の事例は数知れません。ダイナマイトやX線、電子レンジ、ポストイットまで偶然の発見から世紀の大発明は生まれています。セレンディピティは、人類の歴史を大きく変えることもあるのです。

セレンディピティは、科学者や発明家たちにだけ訪れるものではありません。私たちにもセレンディピティは起こりえるのです。実は、偶然の幸運を引き寄せるには、ほんの少しのコツが必要なだけです。そのいくつかをご紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク