前世の記憶が蘇ることもある!?禁断の3つの方法とは!?(1/2)

前世 瞑想 デジャビュ

画像:Amila Tennakoon on flickr

スポンサーリンク
今、自分が生きている現世の前の人生を前世と言います。前世とは、東洋思想の輪廻転生という考えから生まれました。輪廻転生とは、この世で死んだ生き物の霊魂は、あの世に還り、またこの世に何度でも生まれ変わる、という考え方です。霊魂によって前世の数は違います。

生まれ変わった霊魂は、この世に生まれ変わると同時に前世の記憶を失うそうです。稀に、小さな子供が前世の記憶を失わないケースもあるようですが、成長と共に記憶は薄れていき、次第に完全に忘れてしまいます。

自分の知らない自分に興味のある方もいるかと思われます。そこで、今回は、前世の記憶を思い出す禁断の方法をいくつか紹介したいと思います。

あなたが忘れているだけの前世の記憶を思い出せるかもしれません。

1.夢

夢は、その人間の内面を映す鏡といわれます。夢占いという言葉もあるように、夢と人間の精神は無意識に深い繋がりがあるといわれています。

夢占いは、夢に現れるモノや人物、出来事などからその人間の精神状態を判断します。夢占いには、無意識からのメッセージが隠されているとも言われています。そのメッセージが、前世との繋がりを意味していると考えられるのです。

夢占いを否定しているのではありません。夢の世界に前世のキーワードとなるものが隠れているかもしれないということです。前世の夢の特徴は、自分に関係のない人物や風景、また出来事を何度も夢に見た時です。自分の知らない世界が夢に現れた場合、それは前世の記憶の一部かも知れません。

まるで疑似体験しているような感覚は、前世の記憶から引き出された過去の体験かも知れないのです。目覚めた瞬間に、懐かしさの感覚が残っていれば、それは前世の世界をひも解くキーワードと考えられるのではないでしょうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク