【世界の廃墟】美しすぎる廃城!?ベルギーの森に眠るミランダ城

ミランダ城 ベルギー 世界の廃墟 廃城

画像:jucanils on flickr

スポンサーリンク
ベルギー南東部に位置するアルデンヌは、一部フランスに跨る国境沿いにある地域です。大部分が森に囲まれた自然豊かな静かな場所にミランダ城は佇んでいます。幻想的な廃城は、映画『アダムス・ファミリー』を思わせる洋館です。

ミランダ城は、リドケルク・ボーフォール家によって1866年に建てられました。第二次世界大戦後は国有化され、孤児院として使用されます。1980代に入り、孤児院は閉鎖されます。その後、修復されることもなく廃城として今に至ります。

ヨーロッパでは、廃城として有名な場所でもあります。外見は草木が生い茂り、蔦などが城の外壁を埋めている状態です。所どころ損壊もありますが、それがまたこの廃城を魅力的にさせている要因でもあります。
出典:davidbakerphotography

ミランダ城の内部は天井から壁まで剥がれ落ち、とても住めるような場所ではありません。
出典:davidbakerphotography

​城内は荒れ放題となっています。一歩足を踏み外せば怪我をする恐れもあります。
出典:davidbakerphotography

現在もミランダ城はそのままの状態で放置されていますが、絶対に立ち入ってはいけません。無断での侵入は、トラブルの元になります。また近隣住民にも迷惑となり、怪我や犯罪に巻き込まれかねないので絶対にやめましょう。

霊による憑依や事故・怪我・犯罪に巻き込まれた場合は自己責任となります。

参考サイト:
davidbakerphotography
スポンサーリンク
スポンサーリンク