長すぎて覚えられない!パブロ・ピカソの本名を知る人はいるか!?(1/2)

名前 バンコク パブロ・ピカソ

画像:Giuseppe Milo on flickr

スポンサーリンク
普段何気なく使っている名前や名称ですが、実は知らぬ間に短縮されていることをご存知でしょうか。たとえば、「タイの首都と言えば?」と聞かれれば「バンコク」と答える人は多いと思います。しかし、それは正式な名称ではありません。

このように我々の知らない本当の名前がこの世には溢れているのです。そして、なぜその名前や名称が短縮されているかというと、極端に長すぎるからです。短縮化してコンパクトにまとめざる負えないからです。

今回は、あまり知られていない、実は長い名前や名称を紹介していきます。

バンコク

先程のタイの首都バンコクの正式名称は、「クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット」です。

長すぎて覚えるのに一苦労です。そのため、タイ人は、冒頭の「クルンテープ」を首都名として呼んでいるそうです。この事実は、知らない人が多いのではないでしょうか。

ちなみにバンコクとは、「バーンマコーク」が訛ったものです。バーンマコークからバーンコーク、バンコクという流れで落ち着いたようです。バーンマコークとはタイ語で、アムラタマゴノキ(アムラ卵の木)という植物の名前です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク