長すぎて覚えられない!パブロ・ピカソの本名を知る人はいるか!?(2/2)

名前 バンコク パブロ・ピカソ

画像:Giuseppe Milo on flickr

スポンサーリンク

パブロ・ピカソ

『ゲルニカ』や『泣く女』を描いた画家といえばパブロ・ピカソです。世界中の人々が知るピカソですが、その本当の名前はとても長かったそうです。これは、キリスト教の洗礼から名前が長くなったようです。

ピカソの本名は「パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセーノ・マリーア・デ・ロス・レメディオス・シブリアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ」だそうです。名前を呼ぶのにも一苦労でしょう。

本人は、パブロ・ピカソと名乗っていたそうですが、自分で自分の本当の長い名前を覚えていられたのか疑問は残ります。

世界一名前が長い

地球上で生存している個人名で一番名前が長いと言われているのはイギリス人です。

その名も、「キャプテン・ファンタスティック・ファースター・ザン・スーパーマン・スパイダーマン・バットマン・ウルヴァリン・ハルク・アンド・ザ・フラッシュ・コンバインド」という男性です。

名前を見てわかるように、有名どころのスーパーヒーローの名前が羅列してあり、こちらの名前を役所に提出したところ公式に認められたそうです。元々の名前は、ジョージ・ギャラットだったそうですが、改名が認められたとのことで世界一長い名前の持ち主となりました。

まとめ

世界中の人が、「バンコク」の本当の名前をそのまま使っていたとしたら、タイはあそこまで観光が盛んにならなかったかもしれません。首都名が長すぎて、誰も覚えられませんから。

名前や名称が長いと覚えるのも一苦労です。改名してギネス記録に挑戦しても皆が覚えられないのでは意味がないようにも思われますが、本人の望みが叶ったのならそれはそれでいいのかもしれません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク