【実話怪談】怨念は伝染する!?貰い物のぬいぐるみに気をつけろ!!(2/2)

怨念 ぬいぐるみ 実話怪談 ストーカー

画像:Jin Kemoole on flickr

スポンサーリンク
不可解な事件が続いてからA子さんはストレスで身体を悪くします。会社を休みがちになり、遂に会社を辞めるまで疲弊してしまいます。どん底にまで堕ちたA子さんにも理由がわからないまま、廃れた日々を送っていました。

ある日の夜、大学時代の女性友達から電話が掛かってきます。久しぶりの友達からの電話に驚いていると、開口一番に電話の相手は、A子さんの身体を労わります。大学卒業以来、全くあっていなかった友達の言葉にA子さんは驚きます。そして友人は、彼女に怨念が憑りついていることを伝えます。

女性友達には霊感のようなものがあり、A子さんの危険を察知したというのです。その友達曰く、彼氏の怨念がぬいぐるみに宿り、A子さんを苦しめているというのです。すぐに捨てるようにアドバイスされたA子さんは翌日の朝にでも捨てることを決意します。

そのまま眠りに就くと、夢の中でそのぬいぐるみが、A子さんの首を締めてきました。抗えないほどの強い力に苦しみながら目覚めると、ぬいぐるみがベットの傍で倒れていました。ぬいぐるみは片腕が千切れ、中の綿が溢れている状態でした。もしかすると、あれは夢ではなかったのかもしれません。

ぬいぐるみには、怨念が入りやすいようです。彼氏の、A子さんに対する執着の念がぬいぐるみに乗り移ったのかもしれません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク