『ルパン三世 カリオストロの城』モデルはフリーメイソン!?(1/2)

ルパン三世 アニメ フリーメイソン 詐欺師 カリオストロ

画像:Diego Cavichiolli Carbone on flickr

スポンサーリンク
『ルパン三世 カリオストロの城』といえば、原作者モンキー・パンチによる『ルパン三世』のアニメ映画です。この映画は、『ルパン三世』の劇場映画第2作目で、ジブリアニメでお馴染みの宮崎駿の映画初監督作品として1979年に公開されました。

『ルパン三世』の主人公は、怪盗アルセーヌ・ルパンの孫という設定です。世界中のあらゆる財宝を仲間たちと共に盗みながら、悪党や時の権力者と戦うなど、さまざまな要素を含んだアクション作品です。

『ルパン三世 カリオストロの城』は、架空の国の統治者カリオストロ伯爵とルパン三世が、財宝を求めて戦いを繰り広げるという内容です。

この映画に登場するカリオストロ伯爵は、架空の国カリオストロ公国の統治者という設定です。しかし実は、カリオストロ伯爵には実在するモデルがいます。実在するカリオストロとは18世紀に暗躍した詐欺師であり、秘密結社フリーメイソンのメンバーとも言われているのです。

今回は、劇場版『ルパン三世 カリオストロの城』のモデルとされるカリオストロ伯爵を紹介します。

アルセーヌ・ルパンシリーズ

主人公のルパン三世の祖父にあたるアルセーヌ・ルパンとは、フランスの小説家モーリス・ルブランが小説の中で生み出した架空の人物です。「アルセーヌ・ルパンシリーズ」は推理・冒険小説の類いですので、フィクションの世界の怪盗です。

カリオストロ伯爵も「アルセーヌ・ルパンシリーズ」の作品の中に、『カリオストロ伯爵夫人』や『カリオストロの復讐』という題の小説に登場します。劇場版『ルパン三世 カリオストロの城』は、これらの登場人物の名前をモチーフにしているのでしょう。

そして「アルセーヌ・ルパンシリーズ」に登場するカリオストロという人物は、18世紀に実在した人物をモデルにしていると言われています。

つまり、実在したカリオストロは小説「アルセーヌ・ルパンシリーズ」に取り込まれ、その名前を冠したキャラクターが『ルパン三世 カリオストロの城』に登場したというわけです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク