【世界の都市伝説】子供を狙う殺人鬼から生まれた話!?「ピエロ」(1/2)

都市伝説 殺人鬼 ピエロ ぬいぐるみ ジョン・ゲイシー

画像:Jack Lawrence on flickr

スポンサーリンク
アメリカで平凡に暮らす家族の話です。

裕福な一軒家に暮らす夫婦には5歳になる愛娘が1人いました。娘は夫婦に可愛がられて育ちます。両親は娘のためならば何でも買い与える子煩悩ぶりでした。

ある時、新婚の時のように2人だけでデートをしたいと思った夫婦は、夜に娘の面倒をみてくれるベビーシッターを1日だけ雇うことにしました。

当日、女性のベビーシッターが家にやってきます。2人は夜0時を回ったあたりで帰宅するので、その前に子供を寝かしつけてほしいと頼みます。彼女はそれを承諾し、安心した夫婦は子供を預けて外出します。ベビーシッターと子供は、その日家の中で過ごします。

夜になると遊び疲れた子供は眠そうな仕草をします。ベビーシッターは子供を寝かしつける時間だと思い、2階の子供部屋のベットまで連れていきます。はじめて入る子供部屋には、大量のぬいぐるみが山のように積んであります。

そこに一体だけ奇妙なぬいぐるみがありました。それは巨大なピエロのぬいぐるみで、他のぬいぐるみの山の中に埋もれていたのです。ピエロの顔は、ぬいぐるみの山の隙間から不気味な笑みを浮かべていました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク