ケンタウロスのモデルはアジア人!?謎の骨が発見される!?(1/2)

ケンタウロス ギリシャ神話 アジア 幻想

画像:Dmitry Dzhus on flickr

スポンサーリンク
ギリシャ神話に登場するケンタウロス。下半身が馬で、上半身が人間の姿をした半身半獣として描かれて神獣です。

彼らは、牝の同種族を好み、酒好きで暴れ者の傾向がありました。それゆえ野蛮で、暴力的とみられています。ケンタウロスの言葉には「槍兵」という意味も含まれており、神話の中でもケンタウロス族は弓矢や槍、棍棒を振りかざして戦う姿が描かれています。

ケンタウロは、イクシオンとネペレの間に誕生した種族と言われています。テッサリア地域の王イクシオンは、全知全能のゼウスの妻ヘラに恋をします。それを見兼ねたゼウスは、雲から妻ヘラの姿に似せた女神ネペレを創り、イクシオンに差し向けます。そこで彼らは結ばれてケンタウロが誕生します。

しかし、それは神話の中の話です。現実的にケンタウロスの誕生した起源のひとつとされているのは、アジアの民族の襲来です。ギリシャ人が暮らす地中海沿岸に、アジアの騎馬民族が彼らに襲い掛かります。その騎馬民族をモデルにケンタウロスが生まれたという説です。しかし、この説を立証する証拠は何もありません。

ギリシャ神話は紀元前15世紀頃に誕生しました。ケンタウロスの実在は今となってはわかりません。ところが、アメリカのテネシー大学では、ケンタウロスの骨が展示されているというのです。1980年代にギリシャでケンタウロスの骨が発見されたというのです。

しかし、それは生物学教授で芸術家の人物が作った偽物でした。人間の骨とポニーの骨を合成して作り上げたものでした。その後、偽物の骨はテネシー大学が購入します。大学側は「たとえどんなに本物らしくあっても常に批判的な思考を学生に習得してほしい」という願いから購入したそうです。

ギリシャ神話には数多くの謎が残され、幻想的な神々の世界が描かれています。半身半獣のケンタウロスの話もそのひとつです。我々はその幻想に多くのロマンを、これからも描いていくことでしょう。

大学で公開されたケンタウロスの骨の画像が次のページにあります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク