【モルダーは疲れていなかった!】エイリアンがいる証拠10選パート1

エイリアン 地球外生命体 証拠
4,110 views
2015/08/27
超常現象・怪奇事件
画像: io9.com
私はこの記事が何かを証明するとは約束できないし、未だにエイリアンの存在を確信しているわけでもない。だが、これから紹介する20の事実は、我々の目の前にすでにそれが存在し、気付いておかなければならない「何か」を物語っている。

言っておくが、私は疲れてはいない。

#Fact 1

2万人以上の人々が宇宙人による拉致誘拐保険に加入している。
 
画像:bestpictureblog.com

ある保険会社は、宇宙人による誘拐1回に付き、100万年の間1年に1ドルの保険料を支払う、というプランを用意している。あなたが望めば、宇宙人による誘拐、強姦、妊娠、死亡に保険で備えることができるのだ。

#Fact 2

アメリカのレスキュー隊の中にUFO墜落時に備えてエイリアン救護の訓練を受けている者がいる。
 
画像:bestpictureblog.com

彼らは負傷したエイリアンの対応方法を知識として知っているのだ。

#Fact 3

もし6500万光年離れた惑星からエイリアンが地球を見ているとしたら、彼らには恐竜が見えていることになる。
 
画像:bestpictureblog.com

ただし、実現するとなると巨大な天体望遠鏡が必要になる。

#Fact 4

6人目に月に降り立ったエドガー・ミッチェルは、エイリアンはすでに度々人類とコンタクトを取っている、と主張している。
 
画像:bestpictureblog.com

彼の主張によれば、アメリカ政府はその事実を未だに隠している、という。彼には休養が必要かもしれない。

#Fact 5

今から10年以内にエイリアンの存在を確認できる可能性は2%ある。
 
画像:bestpictureblog.com

イーストアングリア大学の研究チームの計算によると、地球外知的生命体の存在が確認できる確率は10年以内に2%という。微生物やバクテリアではなく知的生命体だということは、驚くべき事実である。

#Fact 6

国際チェス連盟会長はチェスはエイリアンによって人類に伝承されたゲームであると信じている。
画像:bestpictureblog.com

カルムイク共和国のIlyumzhinov会長は、1997年9月7日に黄色の宇宙服を着たエイリアンに誘拐されたと語っている。

#Fact 7

地球外からの観光客を誘致するため、カナダのアルバータ州セントポールはUFOの着陸ポートを作った。
画像:bestpictureblog.com

因みに、UFOをユーフォーと読むのは日本人のみで、その始まりはピンクレディのUFOの歌詞から。それ以前は日本人もユーエフオーを読んだ。

#Fact 8

アポロ11号のミッションスケジュールの中の3日間に、彼らのロケーションからそれほど遠くない位置に未確認飛行物体の存在の報告をしている。初め、彼らは切り離したSIV-Bロケットだと仮定したが、その物体との距離が9654Kmもあることが分かり、ロケットではないことが判明した。
画像:bestpictureblog.com

#Fact 9

ワシントンDCのカーネギー協会に籍を置く天文学者、マーガレット・ターンブルとジル・ターターのまとめた資料によると、17,129個の惑星が、複雑な生命体の生きられる環境を持つ。
画像:bestpictureblog.com

#Fact 10

科学的アプローチでエイリアンとコンタクトを取る試みは、天文学者のフランク・ドレイクが1960年に始めた。
画像:bestpictureblog.com