【都市伝説】年を取らないサンジェルマン伯爵という人物?彼は不老不死だったのか?!

都市伝説
35,509 views
2015/10/13
都市伝説
世界には、謎に満ちた人物がたくさん存在します。そんな人物の一人、実在の人物として知られており、多才で教養に富み、謎多き人物として知られている、サンジェルマン伯爵についてご紹介したいと思います。

サンジェルマン伯爵の出生については謎が多く、一般的にはスペイン王妃の私生児であろうと言われています。彼が歴史の表舞台に登場したのは彼が67歳の時であり、かなりの高齢であったにも関わらず、フランス国王ルイ15世の時代の宮廷で、一躍時の人となり話題をさらった人でもありました。

70に手が届くほどの年齢にも関わらず、彼の容姿は40歳ほどにしか見えず、かつて彼に出会ったことがある貴族のご婦人たちも、彼が以前とまったく変わらない容貌をしているのに驚きを隠せなかったようです。

また、彼の博識さも当時の人々を大変驚かせました。ヨーロッパ中の言語の他にもアジアの言語など10カ国語以上をマスターしており、チベットや日本のことまで彼はよく知っていたというのです。

サンジェルマン伯爵は一時期、ロンドンで作曲家やバイオリニストとして活躍していたり、多彩な職業歴があります。しかし、彼の本当の職業は「錬金術師」だったとされています。しかも彼は、錬金術によって『賢者の石』という不老不死と、あらゆる物質を完璧な物に変える力を持つ石を手にしていたと言われています。

そのため、彼が一向に歳を取ってみえなかったり、高価なダイヤモンドをあしらった服装をするなど、かなりの財力があったことなど、全て賢者の石のおかげであると多くの人々は考えていました。
他人を煙に巻く話をすることもあり、ある時はイエスがカナの婚宴で、水をぶどう酒に変えた奇跡を目撃した話をしたり、十字軍の遠征に自分も参加した話をしたりと、自分の年齢が数千年のものであることを示す会話をしています。

これらのホラ話とも取れる話ですが、実際にはルイ15世のサンジェルマン伯爵への寵愛を疎んだショワズール公爵が、道化師を雇ってサンジェルマン伯爵の格好をさせ、伯爵が大嘘つきである様にホラ話を人々に吹き込んだことによるとされています。

しかしながら、若さを保つサンジェルマン伯爵の不思議な魅力や、その博識さなどから、それらのホラ話は、伯爵の魅力をさらに増すものにしかならなかったようです。

現在ではサンジェルマン伯爵が本当に不老不死だったのか、それを検証することは難しいでしょう。歴史上では、1785年に伯爵はうつ病とリュウマチにより急死したとされています。しかし、その後もサンジェルマン伯爵を目撃したという人々の証言は次々と現れました。

彼にまつわる全ての資料は、伯爵に興味を持ったナポレオン3世によって収集されましたが、1871年のテュイルリー宮殿火災時に全て失われてしまっています。

いずれにせよ、突如現れ、そして煙の様に歴史の表舞台から消えてしまったサンジェルマン伯爵。彼は多くの謎に満ち、今でも人々を魅了し続けている人物であると言えるのではないでしょうか。

出典:
beautifullmind.com
alchemylab.com