伊勢神トンネル、尼ヶ坂、金城埠頭他、愛知の超過激な心霊スポット!!

心霊スポット 愛知
11,392 views
怪談
画像: blog.goo.ne.jp
ガチで行ってはいけない日本の心霊スポット、今回は愛知県の有名どころから超穴場的なスポットまでをご紹介。

悲劇の恋から首を吊ったと伝わる尼ヶ坂、何台もの車が海に落ちた金城埠頭、絶対に切ってはならない呪われた大木、そして名古屋の超有名心霊スポットとして知られる旧伊勢神トンネルまで大公開。

オカルト好きでもそうでない方でも楽しめる“最恐”のスポットをお届け!!

尼ヶ坂

出典:豊橋心霊散歩

愛知県名古屋市東区の片山神社の西側に穏やかな斜面の尼ヶ坂がある。この坂では尼さん姿の女性の霊が出ると噂され、地元では幽霊坂と呼ばれるほど有名なスポットだ。

江戸時代、この地に住んでいた権現小町(ごんげんこまち)と呼ばれた美人の村娘と年若い武士が恋に落ち、一人の男の子を授かる。しかし、身分の違いから二人は引き裂かれ、悲しんだ彼女は尼さんとなった。

それでも相手への想いを断ち切れずにいた彼女は、神社近くの杉に縄をかけて首を吊って死んでしまう。その子供も近くの坂で息絶えて死んでいるのが発見された。

それ以来、尼ヶ坂では首の骨の折れた尼さんの姿が目撃されている。どうやら彼女は成仏することなく、この世を彷徨っているようだ。

また、その子供が死んだ坊ヶ坂でも、男の子の霊が目撃されている。夜、この道を歩くと誰かに観られているような感覚に陥り、気づくと小さな男の子が、赤い目を輝かせて睨んでいたという噂もある。

金城埠頭

出典:YouTube

名古屋市港区の金城埠頭は1970年代以降から度々ローカルテレビで心霊スポットとして取り上げられた場所だ。目撃者の証言などでは、革ジャンを着た男女の霊が現れるという。

また13番岸壁は地元では有名な話。

深夜、自動車免許取り立ての女子大生二人組が金城埠頭で練習をしていた。彼女たちが13番岸壁辺りに来ると急にハンドル操作が効かなくなる。慌ててブレーキを踏んでなんとか車を止めたが、ふと海を見ると海面から無数の青白い手が伸びていた。

無数の手は女子大生二人に向かって呼びかける。

「おいで、おいで」と。

ここは何台の車が海に落ちて死亡事故が多発していた場所でもあった。事故で亡くなった者たちが、彼女らも同じように車ごと海に沈めようとしたのかもしれない。

あわせて読みたい

今、一番読まれている記事