【都市伝説】世界中で目撃されている漆黒の眼を持つ子供たち!!証言者が語る奇妙な一致とは!?

都市伝説
6,550 views
2017/01/18
都市伝説
『Black Eyed Kids』(通称:BEK)=「黒い目の子供たち」は、白目の無い黒一色に染まった眼を持つといわれる世界で話題の都市伝説のひとつです。

80年代の欧米ではじめて確認されたBEKは、現在でも世界中で目撃されています。

今回は、正体も目的も不明なBEKを目撃した人たちの証言をまとめてみました。

するとBEKに遭遇した人々の証言にはいくつかの一致点がみられました。

​まずはBEKの目撃談を紹介します。

目撃者の証言

1982年にBEKの目撃情報は報告されています。

英国スタフォードシャー州カノックチェースでは黒い眼の少女が突然現れました。

ある日、小さな村の住民たちは、6歳くらいの少女が叫び声をあげながら助けを求めて走りる姿を目撃します。住人の一人が少女に追いつき話をしようと顔を見ると白目の無い黒一色の眼だったのです。住民は驚き立ち尽くしていると少女はまた走りだし森の奥深く姿を消したそうです。

この出来事がきっかけとなり、世界中で黒い眼の子供たちの存在が目撃されるようになりました。

その後、1998年のアメリカでの事例は、2人のBEKが駐車場で目撃されています。

目撃者の話によると「車で家まで送ってくれ」とせがまれたそうですが、2人の子供の異様さに気づき乗車を拒んだそうです。

しかし、BEKはその場から立ち去れず、執拗に迫ってくると強引に車のドアを開けようとしたと言います。

目撃者はそのまま車を走らせ逃げられたものの幼い子供の異様な姿と行動に恐怖を覚えたそうです。

今世紀に入っても目撃情報は続きます。

2008年にはアメリカのカンザス州では、自宅帰りの女性に2人のBEKが近づき、「電話を貸して」とせがんだそうです。女性は、電話を持ってない、と答えると今度は、「水が欲しい」と言って強引に女性に近づいてきました。

そのとき女性は2人の黒一色の眼に気づきその場を後にしたそうです。

近年の目撃情報によれば、2014年にある夫婦が森を散歩しているとどこからともなく子供の笑い声が聞こえ、現れた少女がBEKでした。

少女は夫婦を見つめられた後、森の中に姿を消したそうです。
 
​出典:news.com.au

証言者の奇妙な一致

BEKの奇妙な一致 数々の目撃情報からBEKには黒目一色以外にもいくつか一致する証言があります。

1.幼い子供(8~16歳ぐらい)
2.複数での行動が多い
3.服装も黒色
4.他人を振り回すような要求
5.凶暴で強引な性格

BEKの正体について様々な憶測がされ、宇宙人説や幽霊説と囁かれています。

また一説には軍事目的から世界中に点在する施設・秘密研究所で育てられた黒一色の眼を持った特殊な子供たちではないかとも言われています。その際には施設から逃亡して身を匿ってもらうために一般人に近づく、という話もあります。

日本でのBEKの目撃情報は残念ながらまだ確認されていません。もし、あなたの近くにそのような子供が声をかけてきたら怖がらず真実を聞いてみましょう。

参考サイト:
NAVERまとめ
THE HUFFINGTON POST
livedoor NEWS