スピリチュアリストの霊的能力がスゴイ!!江原啓之が認めたネラ・ジョーンズ!!

スピリチュアル 江原敬之 ネラ・ジョーンズ ハリー・エドワーズ NFSH
4,003 views
怪談
画像: Tomas Sobek on flickr
スピリチュアルとは、生きている人間が死者の霊魂と交信する研究から生まれた思想のことです。スピリチュアルを実践する人をスピリチュアリスト(霊能力者)と呼びます。

スピリチュアルの歴史は、17世紀末にはじまります。19世紀半ばの欧米では、霊魂との交信を図る交霊会や超能力によるパフォーマンスが全盛を迎えるようになります。

20世紀に入るとスピリチュアリストたちは、各々の霊的能力を使って社会で活躍するようになります。スピリチュアリストは、人々の傷ついた魂を癒すヒーラーとして活躍し、また霊視を使って警察に協力して事件を解決に導く者も現れてきます。

ハリー・エドワーズ

ハリー・エドワーズは、ヒーリングの第一人者です。スピリチュアル・ヒーラーとして活躍したエドワーズは、歴史上最も優れたスピリチュアル・ヒーラーといわれ、世界中から尊敬を集めました。

元々霊的なものに興味のあったエドワーズは、交霊会などに参加し、指導を受けていました。そこでヒーリングの基礎を教えられます。彼のヒーリングは、人々に魂の覚醒を促すものでした。

それからヒーリングは、霊的な力で魂に癒しを与える治療へと発展します。肉体より魂の癒しこそが重要と考えたのです。エドワーズのヒーリングにより、医者に見放された多くの患者の魂が救われたといわれています。

エドワーズは、ヒーラーとして名声を浴びる中で、NFSH(英国スピリチャルヒーラー連盟)を設立し、初代会長に就任します。彼は、ヒーリングの普及に向けて各地でヒーリングの実演を行いました。

しかし、ハリー・エドワーズの功績は、教会や医師会には認められませんでした。しかし、ハリー・エドワーズは、ヒーリングの治療法を確立し、多くのヒーラーを世に出しました。彼らによってまた多くの患者の魂が救われています。

ハリー・エドワーズの活躍は、現代のスピリチュアリストたちに受け継がれているといえるのではないでしょうか。

ネラ・ジョーンズ

ネラ・ジョーンズは、未解決事件を解決に導いたイギリスのスピリチュアリストです。彼女は日本を代表するスピリチュアリスト・江原啓之氏から認められた人物でもあります。

数々の難事件を解決に導いた彼女ですが、なかでも注目されるのが、ヨークシャーの切り裂き魔事件です。ヨークシャーの切り裂き魔事件は、1975年から1980年にかけて13人もの女性が殺害された凶悪事件です。

迷宮入りしかけた事件に警察が協力を頼んだのがネラ・ジョーンズでした。彼女は、自身の霊的能力で霊視を行いました。すると警察も手にしていない情報を次々と語りだしたのです。

ジョーンズの霊視では、トラックの運転手、ブラッドフォードに住み、女装の趣味を持つ男性とまで犯人の特徴を挙げました。その霊視を元に警察は捜査に乗り出します。すると、彼女が指摘した特徴の男が浮上してきます。

男の名は、ピーター・サトクリフと言い、彼女の霊視した特徴とほぼ同じでした。警察の捜査の結果、ピーター・サトクリフは、ヨークシャーの切り裂き魔事件の犯人でした。ジョーンズの霊視は見事に的中したのです。

スピリチュアリスト

スピリチュアリストたちは、時代によって様々です。現在では、江原啓之氏に代表されるようなカウンセリングとして活躍されている方もいます。またセルフヒーリングや占いや医療ケア、また芸術面でも能力を発揮されているようです。

一口にスピリチュアルといっても様々な分野があるようです。スピリチュアリストは、自身の霊的能力を活かして活動されているようです。今後ますますスピリチュアルは身近なものとなっていくかもしれません。

あわせて読みたい

今、一番読まれている記事