東京のパワースポット3選!!「神社」「霊山」「お寺」

明治神宮 高尾山 増上寺
2,807 views
スピリチュアル
画像: kennejima on flickr
ちょっと疲れがたまったなぁと感じる時、あるいは恋人に告白する日の前日や試験前など、ココ!という場面でもうちょっとエネルギーがほしい時は、パワースポットに行ってみてはいかがでしょうか。

今回は東京でもとくに神秘的な力があると評判のパワースポットを3つご紹介します。

明治神宮

出典:shibainu on flickr

東京でも屈指のパワースポットのひとつ明治神宮。その無尽蔵の力の源は明治神宮造営の時から始まります。

明治45年(1912年)7月に明治天皇が崩御され、明治神宮はその3年後の大正4年(1915年)から造営が開始されました。この時、当時大日本帝国の領内であった樺太から台湾にいたるまで、実に10万本以上の若木が明治神宮へ奉献・植樹されたのです。

そう、明治神宮はもともと森だったのではなく、明治天皇の威光を仰いだ日本国民たちの手によって作られた人口の森、人間の強い思いが集積された森なのです。テレビなどで紹介されて話題になった、毎分60リットルの水が湧き出す清正井(きよまさのいど)も、こうした人々の思いに自然のパワーが応えてくれた結果と言って良いのではないでしょうか。

高尾山 

出典:ume-y on flickr

東京一の霊山と言えば高尾山。山頂から眺めることのできる富士山の力を、都心に向かって流し込む役割を担っていると言われています。もちろん、高尾山全体がパワースポットであり、海抜599メートルという高さでありながら樹木が鬱蒼と茂る豊かな自然環境は、都会の汚れを洗い流してくれるような清涼な空気に満ち溢れています。

高尾山の中腹には、天平16年(744年) に開山された高尾山薬王院があります。境内にある八大龍王堂に祀られている龍王像の足元からは水が湧き出ていて、その水でお金を洗えば金運にご利益があると言われています。

願叶輪潜で叶えたい願望を強く思い描きながら輪をくぐり、大錫杖を打ち鳴らして本尊に祈願成就をお願いするのもいいですね。

増上寺

出典:kennejima on flickr

浄土宗の七大本山の一つである増上寺は、東京にあるお寺の中でも一二を争うパワースポットです。創建された年ははっきりしていませんが、前身となった光明寺は9世紀にはすでに建立されていたと言われています。

増上寺という名称が正式に使われ始めたのは明徳4年(1393年)。以来600年を超えて江戸、東京のパワースポットであり続けています。

増上寺をパワースポットたらしめている意外な存在があるのをご存知でしょうか。それが本殿背後にある東京タワー。東京スカイツリーに役目を譲ったとは言え、増上寺の一部のようにそびえ立つ鉄塔は、その歴史的風格を保って今も来訪者を迎えます。

増上寺でご利益があると言われているのは厄除けや勝負運。お守りなどのアイテムは安国殿で販売されています。

まとめ

今回は東京のパワースポットを「神社」「霊山」「お寺」と3つのタイプから1つずつ紹介しました。なんだか新しい自分に出会える予感がしてきたのではないでしょうか。そんな方はぜひ実際に訪れてみることをおすすめします。

あわせて読みたい

今、一番読まれている記事