1,556 views
2018/02/27
怪談
  • Home >
  • 怪談 >
  • 死神が写り込んだ!イギリスの古城で佇む黒ずくめの男 (1/2)

イギリス 心霊写真 幽霊 死神 修道士
心霊写真といえば、あり得ない場所から他人の手や足が写り込んでしまったり、人の背後からそこにいるはずのない顔や身体の一部が写真に収められることもあるでしょう。また被写体の胴体がなぜか不自然に削ぎ取られて写ることもあります。これらは幽霊の仕業と考えられ、恐れられています。

しかし近年、幽霊の一部が写真に映り込んだというより、幽霊そのものがハッキリ写真に収められたというのです。この貴重な写真は、あるイギリスの親子の手によって撮影されました。

中世の城

イギリス在住の親子が学校の宿題のためにケントにある中世の古城を訪れました。父親の名はジョン、息子はハリー君12歳です。親子は、ハリーの歴史の宿題のために、お城の写真を撮っていました。お城がどのように作られているのか知るためです。

ケントはイギリスでも歴史の古い土地であるため、著名人達が居住していた経緯があります。歴史的に古いケルンには、『種の起源』の著者ダーウィンとも縁が深い場所とも言われています。

そんなケントで、親子は歴史を学び、城の周辺を撮影しました。その後、自宅で撮影したお城の写真を確認すると、黒い修道士のような服装の小さな人物が写り込んでいることに気がつきます。
Copyright © 2018 Ranpo All rights reserved.