1,825 views
2018/02/28
都市伝説
  • Home >
  • 都市伝説 >
  • 核戦争の危機をストップさせたのは宇宙人!? (1/2)

アメリカ ロシア 宇宙人 核戦争
世界には核兵器を保有している国がいくつかあります。その中でもアメリカとロシアは核兵器の数は他の国と比べて桁違いに多いと言われています。もしも、アメリカとロシアが戦争状態になれば核攻撃は避けられないでしょう。

両国の戦争が万が一にも起きてしまったら、と考えるだけで恐ろしい話です。アメリカとロシアは、何度も衝突を起こして核戦争の一歩手前までいったこともあるそうです。

ところが、その核兵器の存在自体を妨害するような事件が、両国で立て続けに起きます。このことから事件を起こしたのは、他でもない宇宙人の仕業ではないかと囁かれてもいるのです。今回は、この事件について紹介します。

宇宙人

アメリカの著名なUFO研究家であるスティーブ・バセット氏によると、アメリカの各ミサイル施設に宇宙人がやって来て、ミサイル全部のスイッチをオフにする出来事があったそうです。施設の職員や専門家が、多数目撃していると、スティーブ・バセット氏は述べています。

バセット氏によると、これらミサイルはすべて個々に独立していて、個別にコントロールしているそうです。そのため、ミサイルのそれぞれに対して別々にスイッチを切る操作をしなければならず、全部のミサイルのスイッチを一斉に切ることは人間には不可能なのです。

このアメリカの核施設の管理職の人や人員が、宇宙人がやったとされる現象を同じように再現しようとしましたが、出来なかったそうです。このアメリカでの事件は、数々の証言者があるとのことです。

証言者には、施設の重要な役職についている人々もいるそうです。スティーブ・バセット氏によると、その証言の数は、かなり多いので信ぴょう性が高いといわれています。
またこのような事件がアメリカだけでなくロシアでも起きたと、バセット氏は言います。
Copyright © 2018 Ranpo All rights reserved.