ヴィジュアル系バンド元SHAZNAのIZAMのゾッとする話

芸能人 幽霊 ミュージシャン IZAM ヴィジュアル系
1,734 views
2018/04/04
怪談
90年代にヴィジュアル系バンドSHAZNA(シャズナ)のボーカルとして一世を風靡し、現在もバラエティ番組で人気のIZAMさん。当時は、中性的な顔立ちと女装風のファッションも話題となりました。IZAMさんはイギリスで有名なミュージシャンのボーイ・ジョージに影響を受けていたようです。

独特のセンスと歌で話題となったIZAMさんですが、実は不思議な体験を数多くされているそうです。そのひとつが、20歳の頃のエピソードです。

廃墟のアパート

IZAMさんが、友人たち数人と心霊スポットとして噂になっていたK県のT団地へ夜中に肝試しに行くことになりました。その団地のアパートの一棟だけが廃墟になっていましたが、他の棟では普通に住人たちが暮らしていました。

なぜ廃墟の棟が残されているかというと、何度か取り壊そうとする話は持ち上がったのですが、その度に関係者が不幸に遭うといういわくつきの建物だったため、住人も恐れてそのままの状態でした。

「こんなトコ、入ったら絶対マズいって……」

現場を見た瞬間、霊的に危険な場所だということをIZAMさんは感じ取ったそうです。参加を辞退したIZAMさんは留守番をすることになり、廃墟に入った仲間を近くで待っていました。
廃墟に入った友人たちは、4階建てのアパートの何階まで行けるかを競うようになりました。屋上まで到達したらIZAMさんに見えるように手を振るうことになっていました。

友人たちのはしゃぐ声を聞きながら、ジッと我慢していたIZAMさんでしたが、5分ほどして屋上から「おーい」と誰かが手を振るのが見えました。これで無事に帰れると思ったIZAMさんは安心し、しばらくすると全員が廃墟から出てきました。

IZAMさんが屋上から手を振ったのは誰なのかと聞くと、友人たちは呆然とします。実は、屋上に繋がる扉は施錠されていたため、誰一人として屋上には行けなかったのです。

「うわー、(幽霊)見ちゃった……!」

IZAMさんと友人たちは恐怖に戦慄しますが、さらに恐ろしいことが起こってしまいます。肝試しの翌日、廃墟で撮影した写真を仲間たちと見ていると、その写真のほとんどが心霊写真でした。写っている仲間の顔や体の一部が「もや」のようなもので消えていたのです。

そのときは皆、現像ミスか何かだろうと不気味に感じつつも笑い飛ばしていました。

しかし、その約2週間後、顔にもやのかかっていた仲間がバイク事故で首の骨を折る大けがをしたのです。その後、写真で体の一部が消えていた仲間たちが、次々と消えた部位とおなじ場所を怪我するということが続いたそうです。

参考サイト:
HONKOWA