1,056 views
2018/04/10
トリビア
  • Home >
  • トリビア >
  • 幽霊は煙のように消える!!体験者が語る心霊現象とは!?

映画 心霊現象 降霊 黒沢清
スポンサーリンク
映画やドラマにはリアルな世界観が求められます。観客たちを作品の世界にのめり込ませるには、フィクションでありながら現実の要素が必要になるからです。誰もが一度は経験する思春期を題材にする作品と違って、SFやホラーの世界に共感できる人は限られてくるでしょう。特に、幽霊の姿は想像でしかありません。

しかし、幽霊を視たことのある霊力の高い人のなかには、自分の見た幽霊に限りなく近い姿で登場する映像作品(映画やドラマ)があるというのです。
今回は、幽霊を視た人の恐怖体験と、そこに現れた幽霊に似ているという映画を紹介したいと思います。

降霊

1999年に制作された黒沢清監督の『降霊』。これは、マーク・マクシェーン原作の『雨の午後の降霊会』をテレビ用にリメイクした作品です。

映画は、効果音技師の夫と、強い霊感を持った占い師の妻の物語です。夫は妻に霊感など忘れて平凡に生きてほしいと望み、妻もそれを受け入れて占い師からファミレスでパートを始めます。

ある日、夫が山の中で効果音の素材を録音していると、誘拐犯から逃げる少女が、車に積んである音効機材のケースに忍び込みます。同じ頃、妻は心霊を研究する知り合いの大学院生の依頼で誘拐された少女の行方を霊視していました。

やがて衰弱した少女が機材のケースから発見されます。妻は霊能力で少女を発見して有名になるという欲望を抱きますが、騒ぎ出した少女を夫がうっかり殺害してしまいます。夫婦は少女の遺体を山に埋めるのですが、その後しばしば現れる少女の霊に悩まされます。

やがて、夫婦の知らない間に少女の遺体は発見され、警察は夫婦の犯行を疑い始めます。それを知らない妻は、大学院生と警察の前で偽の降霊術を行います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク