595 views
2018/04/17
芸能人の霊体験
芸能人 女優 座敷童 広瀬アリス NHK
スポンサーリンク
NHKの朝ドラ『わろてんか』は、明治後期から戦後直後までの女興行師・藤岡てんの半生を描いたドラマです。主人公てんの恋敵でもある女芸人のリリコを演じたのが広瀬アリスさんです。

明るい広瀬アリスさんのイメージですが、実は筋金入りのホラー漫画ファンという意外な一面を持っています。また現実にホラーな体験をされているということです。今回は広瀬アリが体験したという話を紹介します。

広瀬アリスさんは普段から霊の存在を感じることがあるそうです。それは広瀬さんのお母さんが霊感の持ち主ということが関係しているのかもしれません。

ある日、ご実家での出来事です。広瀬さんの部屋はご兄妹の部屋の前を通った先にありました。妹さんの部屋のドアがたまたま開いており、そこを通り過ぎようとした時に部屋の中からおかっぱ頭の小さい女の子の姿が見えたそうです。

もちろん親戚の子が泊まりに来ていたわけではなく、知らない子が家の中にいたのです。アリスさんはそれをこの世のものではない存在と感じたようです。

お母さんにそのことを話すと、以前台所で家事をしていたら背後を子供の影が走り抜けていったことを聞かされます。お母さんの話では、顔はよく見えなかったそうですが、アリスさんが見た子供と同じ霊なのかもしれません。

その時は、アリスさんの周りに子供の霊が家に住んでいたのかもしれません。もしかすると、それは幸福を招く座敷童なのでしょうか。

参考サイト:
HONKOWA
スポンサーリンク
スポンサーリンク