世界遺産シーギリヤ!天空の宮殿から地上を見下ろす王の狂気 (1/2)

世界遺産 シーギリヤ シーギリヤ・レディ カッサパ1世 スリランカ
987 views
2018/05/02
トリビア
スリランカの中部の都市マータレーには、世界遺産にも登録されているシーギリヤの遺跡があります。シーギリヤは、ジャングルの中にそびえ立った巨大な岩シーギリヤロックの上に建造されています。地上の者を寄せ付けない圧倒的な迫力から、天空に構える宮殿のようにも見えます。

まるで人間業とは思えない造りですが、このシーギリヤが岩山の上に建設されなければならない理由がありました。それは自分を殺しに来るかもしれない義弟の恐怖から、王は7年の歳月をかけてシーギリヤを建造します。

今回は恐怖に狂った王の奇行が造り上げたシーギリヤを紹介します。

シーギリヤ

シーギリヤはシーギリヤロックの山頂に建造された宮殿です。シーギリヤロックは、マグマが地中から噴出して固まってできた断崖絶壁の岩山です。形状は楕円柱で、高さは約180メートルあります。誰も寄せ付けないように設計させたのは、カッサパ1世です。

カッサパ1世とは、5世紀頃にこの地域一帯を支配していた王です。彼には腹違いの義弟モッツガラーナがいました。カッサパ1世の母は平民でしたが、モッツガラーナの母は王族の出身でした。つまり、カッサパ1世は兄でありながら王位継承権は無いことになります。

血筋のしっかりしている母親を持つ義弟モッツガラーナが王に就けは自分の立場は危うくなります。そこで、カッサパ1世は権力のある父を殺し、自らの力を示す形で王の座を射止めたのです。義弟モッツガラーナも殺そうとしますが、暗殺計画が漏れてしまい、軍を率いて逃げられてしまいます。

邪魔者がいなくなっても不安を拭うことはできませんでした。モッツガラーナの報復を恐れたからです。そこで、カッサパ1世はジャングルに囲まれ、絶対に襲われないであろう岩山の頂上に隠れ住むことにしたのです。これが、シーギリヤの宮殿となります。
Copyright © 2018 Ranpo All rights reserved.