1,042 views
2018/05/17
都市伝説
  • Home >
  • 都市伝説 >
  • 2045年問題は人類の危機!人工知能は人間を超える!? (1/2)

人工知能 マイクロチップ 2045年問題 シンギュラリティ AI
昨今騒がれている2045年問題。2045年に人工知能(AI)が人間の知能を超える問題です。実際には2045年を待たずに、技術革新は進み、もっと早く訪れるという見方をする研究者や起業家もいます。

我々人類を超える人工知能が完成するのもそう遠くない未来の話でしょう。人々の生活は便利になるかもしれませんが、やがて人類が人工知能に支配される危険性もあるとも考えられています。

今回は、2045年問題にまつわる人工知能と人類の行く末を考察してみたいと思います。

シンギュラリティ

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、人工知能の発達により、人間の知能を超えたことで、人間の生活に大きな変化が起こるという考えです。これはアメリカの人工知能研究の世界的権威であるレイ・カーツワイル博士が提唱した「未来予測の概念」でもあります。

レイ・カーツワイル博士は、おおよそ2045年に人工知能が人間の知能を上回るシンギュラリティが起こると予測しています。そこには革新的な人工知能の進歩が予測されています。

情報処理を行う脳内の神経細胞の動作を基本に、コンピューターで再現するニューロコンピュータの研究が進められています。すでにニューロコンピュータは、脳内の神経細胞の動きの一部を再現できるそうです。つまり人間並みの情報処理能力が出来つつあるというわけです。

現在の研究段階では技術的な課題もあります。ひとつにパターン認識のような情報処理能力が挙げられます。パターン認識とは、違いがありながらも同一であると選別する能力です。人間の脳は異なった状態にある同一ものを選別する能力があります。簡単に言えば、同一人物が異なった服装で現れても、それが同じ人物と認識できる能力のことです。この選別が人工知能には難しいようです。

また人工知能に足りない能力は、「有機」と「無機」の生命力を選別する能力です。人間であればわかりそうですが、人工知能にはそれを選別させるアルゴリズムがまだ欠けているようです。しかし、それも2020年代には完璧に選別できるとも考えられています。

人工知能が発達すればするほど生活が便利になることでしょう。しかし、人工知能に人類が脅かされる問題も当然あります。そのひとつが、人工知能に奪われるかもしれない職業の問題です。
Copyright © 2018 Ranpo All rights reserved.