地獄に堕ちた天使は傲慢だった!?堕天使ルシファー

聖書 宗教 堕天使 ルシファー 地獄
708 views
2018/07/02
スピリチュアル
あらゆる宗教の聖典や伝承に登場する天使。それぞれの宗教でも微妙にその役割が違うところは面白いが、基本的には「神の使い」とされています。しかし、地獄に堕とされたとされる天使は「堕天使」といいます。この堕天使の代表的が「ルシファ―」です。

ルシファーは天使の中でもかなり上級に位置していましたが、神に逆らったことで堕天使へと変貌してしまいます。

今回は堕天使ルシファーの知られざる物語を紹介します。

ルシファー

ルシファーは十二枚の翼を持った美しい少年の姿をしていました。ルシファーの伝説は諸説存在し、地獄に堕ちた逸話も様々です。特に有名な話は、神に逆らたことでしょう。

ルシファーは天使の階級の中でも特に上位に位置し、大天使ミカエルよりも階級は上だったとも言われています。多くの天使を携えたルシファーは、神に最も近い天使とされます。しかしそれが、ルシファーを傲慢にしていきます。

ある時、ルシファーは神に近い存在ではなく、神よりも己が偉いと勘違いしてしまいます。神の地位を欲して天界に戦いを挑むことになります。大天使ミカエル率いる天界と、ルシファーとその仲間たちによる激しい戦いが繰り広げられました。

結局、ミカエル率いる天界の勝利に終わり、敗北したルシファーとその仲間たちは地獄に堕とされたのです。この話からルシファーは「傲慢」と同義とされています。

もうひとつ有名な逸話には人間が関係します。ルシファーは、神が天使よりも人間に愛情を注いでいるため嫉妬します。人間は天使よりも力もなければ権威もない存在です。神に愛される人間にどうしても納得いかなかったルシファーは他の天使と共に神に挑みますが、敗北します。

また別の話では、ルシファーは自ら地獄に堕ちたとされています。その理由は、無知な人間に対して自分たちの叡智を捧げようと自ら地に堕ちたとされる話もあります。

ちなみに、地獄の支配者である悪魔(サタン)はルシファーとする見方もありますが、個々の宗教学者でさえ意見が割れ、未だに判別されていません。ルシファーの他の堕天使たちが悪魔になったとする考えもあれば、元々地獄に棲みついていたのではないかとする考えもあるからです。