LOVE神社こと新田神社のパワーはケタ外れ!!恋愛成就を望むならココ!

縁結び 恋愛成就 ご利益 新田神社 新田義興
1,167 views
2018/07/27
スピリチュアル

新田神社

東京都大田区矢口にある新田神社は、南北朝時代(14世紀頃)に創建された神社です。この神社の主祭神は、新田義興(にったよしおき)です。優れた武将でありながら、卑劣な裏切りに遭い、矢口の渡で(多摩川の渡し場)で、謀殺されます。義興の怒りを鎮める目的で新田神社が創建されました。

新田神社は、開運などのパワースポットとしても知られ、特に縁結びや恋愛運アップのご利益があると言われています。

徳川家康

新田義興は幼少期より、文武両道に優れていた武将として名を轟かせていましたが、それを恐れた者たちの策謀によって追い詰められてしまいます。義興の死後に、落雷により仏閣が焼失する事件や矢口付近で夜ごとに不審な光の玉が目撃されるようになります。祟りと恐れた者たちが、義興の霊を鎮めるため神社を創建しました。

その後、徳川家康が江戸幕府を開きます。徳川家は新田家の末裔であることから、新田義興を祀る新田神社を手厚くもてなし、武家信仰の神社として崇められるようになりました。その頃から、武士たちがお参りするようになります。新田義興の雄志が、武士たちに力を与えたことでしょう。

伝説

新田神社にはいくつもの伝説があります。そのひとつが、「頓兵衛」といわれる地蔵です。この地蔵は、義興の祟りによって溶けたという伝説が残されており、「とろけ地蔵」とも呼ばれています。

また裏切者たちを呪った怨念は凄まじく、新田義興の遺体を埋葬したとされる御塚の中に立ち入ると祟りがあると恐れられ、参拝者の足が遠のいたと言われます。

そこで、江戸の学者であり発明家の平賀源内が、境内の竹で魔除けの矢を作って、邪心を浄化する作用があるとして、参拝者に提供しました。これが破魔矢の起源ともいわれています。

LOVE神社

新田神社は、健康長寿や必勝祈願などの御利益のある神社として知られていますが、その中でも恋愛成就や縁結びの神社としても有名です。境内には、浅葉克己作の「LOVE」と彫られたオブジェが展示されています。

これは神社とアートを融合させる「多摩川アートラインプロジェクト」の一環で設置されたものです。このオブジェの前で写真撮影したカップルに幸せが訪れるように、という願いを込めて制作されたといわれています。

南北朝時代から江戸、現代に渡って古今の歴史と文化が融合した新田神社に、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

参考サイト:
新田神社