466 views
2018/07/27
パワースポット
縁結び 恋愛成就 ご利益 新田神社 新田義興
スポンサーリンク

新田神社

東京都大田区矢口にある新田神社は、南北朝時代(14世紀頃)に創建された神社です。この神社の主祭神は、新田義興(にったよしおき)です。優れた武将でありながら、卑劣な裏切りに遭い、矢口の渡で(多摩川の渡し場)で、謀殺されます。義興の怒りを鎮める目的で新田神社が創建されました。

新田神社は、開運などのパワースポットとしても知られ、特に縁結びや恋愛運アップのご利益があると言われています。

徳川家康

新田義興は幼少期より、文武両道に優れていた武将として名を轟かせていましたが、それを恐れた者たちの策謀によって追い詰められてしまいます。義興の死後に、落雷により仏閣が焼失する事件や矢口付近で夜ごとに不審な光の玉が目撃されるようになります。祟りと恐れた者たちが、義興の霊を鎮めるため神社を創建しました。

その後、徳川家康が江戸幕府を開きます。徳川家は新田家の末裔であることから、新田義興を祀る新田神社を手厚くもてなし、武家信仰の神社として崇められるようになりました。その頃から、武士たちがお参りするようになります。新田義興の雄志が、武士たちに力を与えたことでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク