あなたも誰かの恨みを買っているかも!?タクシーのゾッとする話

実話怪談
1,913 views
本当にあった怖い話
画像: Nicola Romagna on flickr
深夜タクシードライバーは、酔いつぶれて眠っている男性の客を乗せて人通りの少ない山道を走っていました。しばらく走行していると、前方から白いワンピースを着た少女がタクシーを停めようと身を乗り出してきます。

運転が咄嗟に急ブレーキを掛けたおかげで大事には至りませんでしたが、後ろの乗客は怒りを露わにし、また眠りに入りました。ドライバーは少女を無視して走り去ろうとしますが、少女は叫ぶように乗せてほしいとせがみます。お客を乗せていることもあってドライバーはその場を立ち去りました。

そのお客を家まで送り届けてからドライバーはもと来た道を走行していると、今度は帽子を目深にかぶった男に出くわします。男はドライバーに「白いワンピースの女の子を見なかったか」と声をかけてきます。男はその子の父親で、迷子になった娘を探している、というのです。

それは先程出会った少女と思ったドライバーは、父親に娘と出会った場所を教えます。父親はその場所に向かって走り去ります。

あわせて読みたい

今、一番読まれている記事