アメリカでは有名な都市伝説!!冷めきったカップルは絶対にマネしてはいけない

アメリカ 自殺 カップル アクシデント デート
313 views
2018/08/28
都市伝説
これはアメリカに伝わる都市伝説です。

あるカップルが郊外で車を走らせていました。この日は久しぶりのデートでしたが、2人の表情は晴れません。2人はいつも喧嘩が絶えず、少し前も些細なことで言い争いをしていたところでした。

運転する彼の横で彼女は退屈そうな表情をしていました。さすがに気まずいと思った彼女は、そろそろ別れのタイミングが来たと感じ、このデートが終わったら彼に伝えようと決意していました。

しばらく走っているとガス欠で車が停まってしまいました。辺りの建物はおろか家一軒も見当たりませんでした。車が停まった道の脇には一本の枯れ木があるだけでした。

彼女は呆れるばかりでした。一刻も早く彼と離れたかった彼女ですが、彼を大声で責めるわけにはいきません。ここで怒りをぶちまければ、車から引きずり降ろされ、街まで歩かされることも考えられたからです。

途方に暮れていると彼が動き出します。自分が街まで歩いて人を呼んでくるから車の中で待っていてほしい、と言うのです。これには彼女も賛同し、車の中で待つことを約束しました。

彼が出発したのは午後だったので、急げば夜になる前に助かると彼女は思いました。車から出て当てもない道を彼は歩み始めます。その後ろ姿を彼女は見守ることしかできませんでした。

しかし、日が暮れても彼が戻ってくることはありませんでした。相変わらず道を走行する車は現れず、助けも来ません。彼女は一人取り残された状態で、暗い夜を車中で過ごさなければなりませんでした。

翌朝、ひとり車の中に取り残された彼女は、意を決して自分で街まで歩くことを決めます。彼が自分を置いて裏切ったとは思えませんでしたが、当てにはできないと考えたからです。

彼女が車から降り、ふと枯れ木の上を見上げると、そこには首を吊った彼の姿がありました。

彼は夜中に戻っていました。しかし、それは助けるためではなく、彼女の目の前で死ぬために戻ってきたのです。彼には、彼女が別れを決意したことに気づいていました。それは彼にとって耐えられないことでした。

どうすることもできなくなった彼は、彼女の前で自殺することを選んだのです。