298 views
2018/09/10
伝説
  • Home >
  • 伝説 >
  • スフィンクスの謎賭けに異説あり!!本当の答えは解答者本人!?

エジプト ギリシャ神話 スフィンクス 謎賭け オイディプス
スポンサーリンク

エジプト

エジプトの神獣として崇められるスフィンクス。獅子の胴体に人間の頭を持っており、被り物としてエジプト王ファラオの頭巾を被っています。その姿かたちから、エジプト王家の権力と知性を象徴しているとも言われます。

最も有名なスフィンクスといえば、巨大な石像で造られたギザの大スフィンクスでしょう。古代エジプト時代に建造されたとして、紀元前二千六百年以前とも言われています。その歴史の古さから、スフィンクスと歴代王家にまつわる逸話は多いようです。

しかし、スフィンクス本体の神話というのはあまり伝わっていません。それはスフィンクスがエジプト王家の象徴であり、神の化身した姿として崇められたからです。本来のエジプト神話には、神々の話や親子関係などが見られますが、スフィンクスにはそのような神話はなく、また単体として存在する特別なものでした。

それ故、スフィンクスは神話より、エジプト王家を結び付ける話のほうが多いのです。ギザの大スフィンクスにしても西方を守護する神獣という役割があります。西方は冥界の入り口と考えられ、地下墳墓には王家の遺体が眠っています。

時代が進むにつれ、スフィンクスはエジプトの庶民達の間にも親しまれ、多くのスフィンクス像が建設されていきます。そして、スフィンクスはヨーロッパにも伝わり、ギリシャ神話の中でオイディプスと謎賭けの対決を行うのです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク