350 views
2018/10/01
トリビア
  • Home >
  • トリビア >
  • 斬新な演出は「無音」!?新感覚ホラー映画『クワイエット・プレイス』

映画 アメリカ ホラー クワイエット・プレイス
スポンサーリンク
2018年9月28日に日本公開された新感覚ホラー・サヴァイバル映画『クワイエット・プレイス』。2018年の北米オリジナル映画で初登場興行収入トップという快挙を達成させます。ここまで観客を熱狂させた魅力は、斬新な「無音」の演出にありました。

クワイエット・プレイス

映画『クワイエット・プレイス』は、「音を立てたら、即死」という設定から「無音」がキーワードの映画です。人類が滅亡の危機に瀕した近未来のアメリカを舞台に、アボット一家は音に反応して人間を襲う“何か”から身を潜めていました。生き延びるための条件はただ一つ、音を立てないこと。

農村に暮らす一家には、夫のリーと妻のエヴリン、そして三人の子供たちがいます。呼吸の音すら聞き逃さない“何か”から逃れるために、一家は手話を駆使し、靴音を避けるため裸足で歩き、金属類の食器や道具を排除するなど、徹底して静寂を保つルールを課して日々を過ごします。

しかし、一家には避けては通れない試練が待ち受けていたのです。妻エヴリンは妊娠を控え、新しい家族を向かい入れなければなりません。果たして一家は、“何か”から家族を守り、沈黙を貫き通したまま出産できるのか、一家の運命はいかに・・・

次のページから映画『クワイエット・プレイス』の魅力をお伝えします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク