心霊スポット、コンジアム精神病院を舞台とした韓流ホラー映画が凍えるほど熱い!!

映画 心霊スポット 韓国
1,151 views
怪談
画像: Emmanuel DYAN on flickr

映画『コンジアム』

2018年、韓国で話題となった映画『昆池岩』(邦題は『コンジアム』)。実在した精神病院を舞台に繰り広げられるホラー映画は、韓国で公開されるやいなや興行成績ランキングトップに君臨します。さらに韓国ホラー映画歴代2位の実績を獲得した超話題作。

映画は韓国に実在する昆池岩(コンジアム)精神病院を舞台にした物語です。集団自殺や病院長の行方不明などの謎を残したまま病院は閉鎖されます。その廃病院に7人の若者が乗り込み、様々な恐怖に巻き込まれるというあらすじです。

日本では、2019年3月23日から東京・シネマート新宿ほか全国で公開されます。

そこで今回、日本で公開される『コンジアム』の恐怖をより一層怖がっていただくために、韓国で実在する昆池岩精神病院について紹介したいと思います。これを見れば、映画の舞台となる本物のコンジアムの姿を知るでしょう。

コンジアム精神病院

昆池岩精神病院(以下、コンジアム精神病院)は、韓国の北西部に位置する京畿道(キョンギ)の山村にあります。この村の名前が昆池岩(コンジアム)ということから病院名が付けられています。日本では馴染みのない場所かもしれませんが、韓国では有名な心霊スポットとして知られています。

コンジアム精神病院は1990年代まで運営されていましたが、突然の院長不在により閉院します。院長が亡くなり、その息子が病院の運営を継続しなかったと言われていますが、真相は定かではありません。

噂では「院長自身が精神病に罹った」「患者たちに生体実験をしたことがバレて院長が逃亡」「閉鎖の原因は入院患者を死亡させたから」などの怪しい噂も囁かれています。閉院した病院は破壊されることもなく、そのまま20年以上も廃墟として放置されます。
その後、森の中の薄暗い雰囲気と人も近づかない静かな場所という絶好のシチュエーションから、いつしか韓国最恐の心霊スポットとして話題となります。

心霊スポット

夏になると若者などが肝試し気分でコンジアム精神病院を探索するという迷惑行為が頻発しているそうです。廃病院とはいえ、建物は管理されていますので、無断で立ち入った場合は罰金を払わなければなりません。絶対に立ち入らないでください。

しかし、病院内部を知りたいという好奇心は抑えられないでしょう。そこで過去に韓国のテレビが取り上げたコンジアム精神病院の内部の映像がこちらにございます。字幕などすべて韓国語となっていますが、廃病院の凄まじく荒れた姿がわかると思います。
 

注意
心霊・廃墟スポットを巡る際の注意事項。こうした場所はトラブルの元になりますので、決して現場に立ち入ってはなりません。また近隣住民の迷惑にもなりますので絶対にやめましょう。霊に憑かれたり、怪我や犯罪に巻き込まれた場合は自己責任となりますのでご了承ください。

参考サイト
映画『コンジアム』オフィシャルサイト

あわせて読みたい

今、一番読まれている記事