260 views
2018/10/31
都市伝説
  • Home >
  • 都市伝説 >
  • となりのトトロの都市伝説!!狭山事件が裏設定の可能性あり!?真相に迫る! (1/2)

アニメ
スタジオジブリのアニメーターとして知られる宮崎駿監督。彼の作品は数多く制作されています。公開されるたびに、日本や海外で話題を集めるほど人気作です。

特に、かわいらしい妖精が登場する映画『となりのトトロ』は、子供たちに人気の高い作品ではないでしょうか?

トトロと田舎に引っ越してきたサツキとメイ姉妹の交流を描いた心温まるファンタジーとして知られる作品ですが、実はこの物語にはとんでもない裏話・裏設定があるとして、ネット界隈で話題になっています。

今回は『となりのトトロ』にまつわる都市伝説を一挙にまとめてみました。

狭山事件

『となりのトトロ』は、狭山事件の影響を受けているのではないか、という都市伝説があります。狭山(さやま)事件とは、埼玉県狭山市で起こった強盗強姦殺人事件です。

1963年5月に、高校1年生の少女が被害にあった事件です。少女は行方不明となってから翌日死体で発見されます。当時、この事件は様々な憶測と背後の複雑な事情もあって大々的に報道されました。

一見、『となりのトトロ』とは無関係に思われますが、物語後半で、妹のメイが行方不明となる事件が発生します。最後は無事に発見されるのですが、行方不明になる設定はどこか狭山事件に似ているようにも思われます。

これだけではありません。『となりのトトロ』が狭山事件をモデルにしているという根拠はまだあります。次のページでは、サツキとメイの設定に隠された都市伝説を紹介します。
Copyright © 2018 Ranpo All rights reserved.