258 views
2018/11/08
超常現象・怪奇事件
  • Home >
  • 超常現象・怪奇事件 >
  • ロシア最大のミステリー「ディアトロフ峠事件」9人の学生はイエティに殺された!? (1/2)

ロシア UMA 大学生 ディアトロフ峠事件 陰謀説

ディアトロフ峠事件は怪奇的な謎が多すぎる!!

1959年、当時ソ連のウラル山脈北部で雪山歩きをしていた9人の大学生が全員謎の死を遂げたディアトロフ峠事件。

この事件は気温マイナス30度の雪山で起こりました。9人の学生が山登りの最中に何者かに襲われて全員死亡します。事件現場では、学生たちのテントは引き裂かれた状態で発見されます。学生たちは裸足で外に飛び出した形跡もあります。

遺体には、頭蓋骨や肋骨が損傷した跡もあります。女学生の遺体は、眼球と舌が失われた状態で発見されます。また、遺体の衣服からは放射能も検出されました。

事件は迷宮入りしますが、謎多き事件であることから様々な憶測や陰謀説がささやかれるようになりました。

軍の秘密兵器を目撃して殺された!!

事件にはソ連軍が関わっているとされています。現場付近ではミサイル実験が行われていたという情報もあります。ソ連軍は秘密兵器の開発をしていました。その威力を試すために雪山で実験が行われます。

その実験が行われた証拠写真が遺品のカメラに映っていました。
 
出典:クレイジージャーニー

偶然居合わせた学生たちに実験を目撃された軍は、口封じに彼らを殺したのかもしれません。

事件直前まで彼らと行動を共にしていた学生が、遺品を確認したところ、軍のブーツカバーが現場にあったと証言しています。
ソ連軍が関わっていたから、警察は捜査を早めに打ち切ったのかもしれません。
Copyright © 2018 Ranpo All rights reserved.