Ranpoに寄せられた実話怪談!!友人の死はドッペルゲンガーが原因か!?

ドッペルゲンガー 投稿
676 views
2018/11/15
怪談
Ranpoを読んでいただいているユーザーAさんから寄せられた実話怪談です。

システムエンジニアの仕事をしているAさんには同じ業界で知り合ったMさんという友人がいました。同じ職場というわけではなく、技術者を集めた大きなプロジェクトの中で意気投合し、それから毎月末に居酒屋で酒を飲む仲となります。

しかし、ある日を境に、Mさんからの連絡は途絶えます。Aさんは彼が必ず自宅にいるであろう夜の時間帯を狙って電話をかけますが、いつまでも留守電話のままでした。遂には留守電話の録音もできなくなるほど容量がいっぱいとなります。

さすがにおかしいと思ったAさんは、彼の賃貸マンションを訪れ、ドアをノックします。しかし、反応はありません。警察に相談しようとも考えましたが、トラブルに巻き込まれたくない思いからその場を去ることにしました。

しかし、次に彼の部屋の前を訪れると、すでに表札は無くなっていました。その時、Aさんは既に彼が亡くなっていると確信します。そして、彼が前に言っていたドッペルゲンガーの話を思い出すのです。
 
出典:東京謎伝説

兄弟より俺に似ている!?ドッペルゲンガーの魔の手!!

それは少し前、Mさんと食事した際に交わした些細な会話でした。

「電車の中で、兄弟より俺に似ている人を見つけた。声をかけようと思ったほどだよ」

と、彼は言いました。

顔立ちには特徴があったので、兄弟よりも似ている、という言葉がAさんには気になっていました。ネットで調べてみると、それはドッペルゲンガーの可能性があるとわかりました。気になったのは「本人がドッペルゲンガーを見たら死ぬ」と書かれていたことでした。
2ページ目へ