【都市伝説】上野公園の西郷どん像は東京の守り神だった!?

上野公園 西郷隆盛 大河ドラマ 鬼門 ハチ公
480 views
2018/11/16
都市伝説
大河ドラマ『西郷どん』の主人公・西郷隆盛。明治政府の立役者でありながら、最期は政府に逆らって西南戦争を起こし自害します。

その後、東京の上野に銅像が建てられるのですが、裏切り者の西郷が銅像になるのはおかしいと思いませんか?

実は、西郷隆盛を上野に祀ることで、東京は守られているという都市伝説があります。そこには渋谷のハチ公像も深く関係していきます。

鬼門に西郷像、裏鬼門に渋谷のハチ公!!

東京は陰陽師らによって結界が張られているといわれます。結界を張ることで、悪い運気から東京は守られると信じられていました。神社仏閣も結界の一種とされ、意図的に配置されたといわれます。

皇居を中心に、上野(北東)は災いを呼ぶ鬼門、渋谷(南西)も不吉とされる裏鬼門に位置します。悪い運気から東京を守る拠点の一つが、上野の西郷隆盛の銅像でした。
2ページ目へ