実話怪談、猫になつかれた者は次々と不幸な死を迎える!?

実話怪談
864 views
本当にあった怖い話
画像: Ralph Daily on flickr

患者さんの奇妙な体験

これは、看護師の私が、ある患者さんから聞いた話です。

その患者さんは、75歳を過ぎた女性です。彼女は過疎化の進んだ村で暮らしていました。夫と死別し、一人娘は嫁いで出て行ってしまっていたので、一人で暮らしていました。すでに二十歳を超えた孫もいました。

近所には幼なじみのタエさんが住んでいました。昔から仲が良かったので、一緒にいる時間を楽しんでいました。しかし、タエさんが帰ってしまうと、一人寂しい夜が待っていました。

懐かない猫

ある日、彼女が庭を掃除していると、一匹の野良猫が現れました。彼女は寂しさを紛らわそうと、その猫を飼うことにしました。猫を飼いはじめて1週間が過ぎようとしましたが、彼女に懐く気配はありませんでした。

彼女が猫の扱いに悩んでいたとき、タエさんが彼女の家に訪れます。彼女は自分に懐こうとしない猫について相談しようとしました。すると、猫は初対面のはずのタエさんのそばを離れようとしません。自分に懐かず、タエさんに懐くことを不思議に思いました。

あわせて読みたい

今、一番読まれている記事