日本国民はGHQに支配されている!?日本人を骨抜きにする3S政策が現在も継続中!!

映画 GHQ 3S政策 スポーツ 性産業
550 views
2019/02/15
都市伝説
最近の若者は「政治に無関心」「社会問題に疎い」「無気力」などとよく言われます。現実的に考えなければならない日本の問題は山積みです。しかし実際に、問題意識を持つ日本人は少ないでしょう。

こうした日本人の問題意識の低さは、最近の若者に限ったことではありません。実は第二次大戦後、日本が敗戦してからGHQが意図的に、日本人を骨抜きにする計画が行われていたのです。それが3S政策です。

この3S政策は、GHQ撤退後も密かに続行され、現在でもその影響から、無気力が日本人を支配しているのです。

今回はGHQが仕掛けた3S政策の恐ろしさについて紹介します。

日本人を支配する3S政策

出典:情報屋台

1945年に、日本は第二次世界大戦で敗北します。戦後の一時期、日本で占領政策を実施するため、最高司令官ダグラス・マッカーサー率いるアメリカのGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が日本に設置されます。

連合国およびアメリカがなにより恐れたのは、日本人の意識の高さでした。

・高い精神性
・戦い続ける根性
・統一性のとれた戦い方

連合国は、日本がいつまた戦争をはじめるのか、と危険視していました。自分たちの脅威になるかもしれないと考えたのです。そうなる前に、日本人を計画的に弱体化させて、骨抜きにする計画を実行したのです。

それは簡単な満足感を与え、物事の本質から目を背けさせようと画策します。それが3S政策です。

この3つの「S」について、一つずつ説明していきます。

スポーツで不満を発散させる!!

3S政策の1つ目はスポーツ(Sports)の「S」です。

日本には小中高と部活動があります。強制的に部活動に参加させる学校もあるほど、日本では部活動(スポーツ)が盛んです。名目上は、基礎体力を養う目的があるとされていますが、それは罠でもありました。

スポーツは非常に中毒性が強く、若い時からスポーツをすれば、そこで得られる快感を知ります。それが病みつきとなり、大人になってからは社会の不満やストレスの発散のために、スポーツが行われるようになります。

加えて、チームプレイという集団行動や上下関係は、個人の思考を委縮させてしまいます。これで自分たちに都合のいい人間が生まれる構図の出来上がりとなるわけです。

社会に対して不満がありますが、スポーツという別のはけ口を作ってしまえば、不満は解消されたと思い込み、政治や社会問題に無気力な人間が完成してしまうわけです。

またスポーツ観戦も同じことが言えます。不満やストレスもスポーツを見るだけで、スッキリした感覚に陥りやすくなるからです。

映画やドラマは脳に満足感を与える!!

2つ目はスクリーン(Screen)の「S」です。映画やドラマです。

映画やドラマは、普段の日常では味わえないハラハラドキドキするような展開に溢れています。人間の脳は不思議なもので「見る」だけでも自分が体験したと勘違いしてしまう働きがあるようです。

映画やドラマで非日常感を提供し、感動させることによって満足感を得られてしまいます。結果、それ以上の欲求を持たない人間となってしまうのです。

根本的な社会に対する問題から、目を背けさせることが目的なのです。

性産業はガス抜きの役割がある!?

3つ目はセックス(Sex)の「S」です。これは広く性産業を意味します。

人は誰でも強い性欲があります。しかし無駄な快楽は、人間を骨抜きにします。特に男はその特徴が色濃いでしょう。

日本は言わずと知れたAV大国です。コンビニに堂々とエロ本が置いてあるのは日本くらいのものです。またキャバクラも多く、性サービスのお店も多いことで知られています。外国ではあり得ないことです。

こうした性産業は日本人を骨抜きにさせ、社会に対する不安や不満を解消させる目的があります。すべてに言えることですが、政治不信や社会問題を別のところに発散させる目的が3S政策なのです。

現在もGHQの企みに支配されている日本!?

3S政策は長期計画で、戦後70年以上も経った現在まで継続されています。社会に対する不満や不安のガス抜きとして活用されています。流行する娯楽には注意が必要かもしれません。

日本人が本当に考えなければならない社会問題から目を背けさせ、考えることを放棄させています。その方が権力側にとっては、都合がいいからです。これがGHQの企んだ3S政策です。

「最近の若者は無気力」と言われます。しかし、一昔前から社会問題や政治に興味がないというのは、よく聞く話です。3S政策がGHQの思惑通り、長い年月を経て着実に身を結んでいると言えるのではないでしょうか。

参考サイト:
RSELeaks
NAVERまとめ