パチンコ店の利益が北朝鮮のミサイル資金に!?ギャンブルのタブーに迫る!!

パチンコ ギャンブル 北朝鮮 ミサイル
287 views
2019/02/22
都市伝説

パチンコ店の利益がミサイル開発に!?

出典:Stefan Krasowski

そもそもパチンコ店というのは朝鮮半島関連の経営者が大多数を占めているそうです。経営者の70%以上が韓国、北朝鮮籍の朝鮮人と言われているほどです。

この在日韓国・北朝鮮人は戦争中に労働力として日本に連れてこられた人達です。戦後、国に帰らず日本に留まり、仕事が見つからないためパチンコ店を立ち上げます。

パチンコで稼いだお金を、祖国である韓国・北朝鮮に送金していると言われています。もしかすると、その金はミサイル開発の資金に使われているかもしれません。

パチンコの収益が北朝鮮に渡っている!?

自民党の武藤嘉文元外務大臣は1993年の国会答弁で、

「パチンコの金が何千億と北朝鮮に行っている」

と述べています。

各マスコミでも北朝鮮送金問題について報道しました。北朝鮮の軍備の資金源として、パチンコ産業があるのではないか、というです。

AP通信では、客がパチンコで負けた損失が北朝鮮の核開発に使用されている可能性を危惧するパチンコファンの声を取り上げています。

また宮塚コリア研究所代表の宮塚利雄氏の見解によると、

「パチンコの収益が北朝鮮政府や軍の手に渡っている」

と述べています。

このように、この問題は国会答弁でも議論されたことがあり、実際に他の国を経由する不正送金で検挙されている在日韓国・北朝鮮のパチンコ経営者も36件報告されています。しかしそれは、氷山の一角といえるでしょう。

一説によると、毎年何百・何千億円のという資金が北朝鮮に流れ、軍備拡張などに流用されていると言われています。それが事実だとすれば、大変恐ろしいことです。

ギャンブルが黙認されている!?

パチンコの利益が北朝鮮の軍備拡張に流用されているのであれば、いっそのことパチンコを無くしてしまえばよいのではないか、と思われる方もいるでしょう。

そもそも日本では法律でギャンブルが禁止されているので、パチンコが存在していること自体がおかしいのです。しかし、それができないのは国とパチンコ業界の癒着が強いからだと言われています。

国としては、年間20兆円を超えるパチンコ業界の売上がなくなると、税金や経済面でも苦しくなるでしょう。

日本経済へ多大なダメージを与えるのを考慮してパチンコというギャンブルを黙認しているとも考えられるのではないでしょうか。

参考サイト:
パチンコやめたい!|パチンコ依存症克服支援
32歳その日暮らし
ブロマガ
戻る