【事故物件住みます芸人】松原タニシの怪談がヤバい!!留守電に残された死者の断末魔!!

怪談師 芸人 松原タニシ 事故物件
746 views
怪談
画像: Chanttel on flickr
「事故物件住みます芸人」こと松原タニシさん。

松竹芸能のお笑い芸人として活動していたタニシさんですが、以前はまったく売れない芸人でした。彼の転機となったのは、事務所の先輩である北野誠さんの番組出演がキッカケでした。

『北野誠のおまえら行くな。』の企画で、いわくつきの物件に住み続けて、24時間カメラを回しで記録させるというものでした。北野さんはこの企画に、当時売れていないタニシさんを採用したのが始まりでした。

それからタニシさんは、日本全国にある事故物件に住むようになり、そこで起こる怪奇現象を語るというスタイルを確立させたのです。

今回は、2016年8月14日にOAされたMBSラジオ『北野誠の茶屋町怪談2016』で松原タニシさんが語った怪談を紹介します。

血のべったりついた部屋

出典:car-mrtakeのブログ

2軒目の事故物件に住むことになったタニシさん。そこは大阪の中心地から電車で一本で行ける好立地の物件でした。それにもかかわらず、家賃は2DKで2万6千円という破格の安さという怪しさがありました。

部屋に敷かれた畳は、奥が新しいものと取り換えられていました。これは何かあると思ったタニシさんが、畳を剥がしてみると、そこには血痕が染みついていました。

おかしいのはそれだけではありません。浴室に取り付けられていた鏡は肌色のペンキで塗りつぶされていたのです。

不動産ではこの部屋で何があったか教えてくれませんでした。知らされたのは「殺人」という二文字だけでした。この部屋で何があったかタニシさんが知るのは、友人からの留守電がきっかっけでした。

録音された留守電

ある日タニシさんが家にいると、携帯に留守電が入っていることに気づきます。それは知り合いからのものでした。とりあえず、留守電のメッセージは聞かずに相手に電話することにしました。

すると、その知り合いは、自分はタニシさんに電話を掛けていない、と言い張ります。不思議に思ってメッセージを再生すると、
ゴボゴボゴボ……ゴボゴボゴボ…

それは水の中で何かしゃべっているような声が約2分間も録音されていました。

おかしな留守電は、これだけではありませんでした。

今後は、別の相手からタニシさんに電話がかかってきます。

「俺の留守電にさ、気持ち悪い音入れるの辞めろよ!!」

タニシさんには、その相手に電話を掛けていないので困惑します。それはタニシさんが受け取った留守電話の内容と全く同じものだったのです。

その電話の後、タニシさんの部屋の玄関からガチャガチャ音が鳴りました。それは、玄関のドアノブを開けようとする音でした。それが昼夜問わず、頻繁に起こるようになりました。

君あんなこと住んでるの!?

ある日、タニシさんの家の近くにある定食屋の大将が、あの部屋で何が起こったのか、教えてくれました。

「君あんなこと住んでるの!?」

大将ははじめ驚いた様子でしたが、事情を知らないタニシさんにある陰惨な事件を話してくれました。

あの部屋には母子が二人で住んでいました。ある時、些細なきっかけから息子が母親を殴ります。母親は部屋から逃げようと抵抗しますが、息子は母親を風呂場に連れて行き、浴槽に顔を沈めて殺してしまいます。

その話を聞いたタニシさんは、これまで部屋の不思議な出来事と繋がったと思いました。おそらく、留守電に残されていた声は、殺された母親の声だったのでしょう。

被害者の母親は助けを求めますが、水の中では声が出ません。その助けを求める声が、あの留守電に残されていたのです。あの音は、顔を水に沈められた母親の苦しむ断末魔ではないか、とタニシさんは思いました。

なぜその声が留守電のメッセージに残ったのかはわかりません。もしかするとそれは、母親の強い念によるものなのかもしれません。

そして、玄関のドアノブの一件も、逃げるお母さんが、ドアノブを握りしめた瞬間に、犯人に引っ張られてそのあと殺され際の音ではないかと、思いました。

犯人は戻ってきていた!?

タニシさんは次の事故物件に移り住むのですが、そこにあるニュースが飛び込んできます。それはある男性が路上でお婆さんを切りつけるといういう無差別通り魔事件が発生します。

捕まった犯人の供述によると、

「は、誰でもよかったから人とを殺したかった…早く死刑になりたかったんだ!!」

という無責任なものでした。

その後、タニシさんの調べで、その人物が数年前にあの部屋で母親を殺した犯人だとわかりました。あの時のドアノブの音は、死んだ母親によるものではなく、部屋に戻ってきた犯人のものだったかもしれない、とタニシさんは思いました。

玄関のドアノブの音は、心霊現象なのか、それとも犯人の男のものであったのかはわかりません。もし、犯人のものであれば、ドアを開けていたら殺されていたのかもしれません。

参考サイト:
YouTube

あわせて読みたい

今、一番読まれている記事