怪談好きなら行くべし!!濃厚な恐怖が味わえる「ゴールデン街ホラーズ」

怪談師 新宿 吉田悠軌 ホラーズ 凸ノ高秀
559 views
2019/04/12
都市伝説

ゲスト

吉田悠軌さんは、オカルト研究家、ライターとして活動しています。オカルトスポット探訪マガジン『怪処』を発行、また怪談サークルとうもろこしの会を立ち上げて会長を務めています。

近著には、『禁足地巡礼』(扶桑社新書)、『恐怖実話怪の残像』(竹書房文庫) などがあります。

凸ノ高秀さんは、漫画家、デザイナーです。2018年『週刊少年ジャンプ』で「アリスと太陽」を連載。現在、『アリスと太陽』全3巻が発売中。また童貞たちの生きざまを描いた『童貞骨牌』(凸ノ名義)がエンターブレインから出ています。

多彩な凸ノさんは、怪談集めが趣味ということです。イベントでも珠玉の怪談を披露してくださいました。

会場

会場は西武新宿駅から徒歩2分の場所にある『新宿シアター・ミラクル』です。新宿区歌舞伎町の小劇場で、演劇やお笑いライブ、トークイベントなどをする公演施設です。

観客の収容人数は最大100名ほど、スツールやパイプ椅子に座って観劇できます。バーカウンターの設備も有ります。

当日の様子

100名収まるイベントスペースは満席でした。老若男女問わず、怪談好きが集まったイベントでは、インディさんと夜馬裕さん、そして吉田悠軌さん、凸ノ高秀さんのファンが観劇に訪れたといった様子でした。

狭いイベントスペースでは、演者と観客の距離も近く、怪談を語る息遣いまで伝わってくるようでした。

舞台中央に4つの椅子が並べられ、インディさんと夜馬裕さんに挟まれる形で、吉田悠軌さんと凸ノ高秀さんが座ります。順番や共通のテーマは特にありませんが、雑談や前の人の流れから自然に次の怪談に入るスタイルです。19時30分に開演した2時間半の公演は、途中1回のトイレ休憩を挟んで、1人2つの怪談を披露しました。

イベントが終わる頃には、恐怖と充実感が会場を満たしていました。

次回告知

次回「ゴールデン街ホラーVol.10」は、2019年7月18日(木)に開催されます。ゲストは、村上ロックさんと小森さんです。
村上ロックさんは、「スリラーナイト歌舞伎」に所属する怪談師です。小森さんは、「化け猫怪談会」を主宰する怪談師です。

日時:7月18日(木)/18時開場/19時30分開演/22時まで)
場所:新宿シアターミラクル
料金:当日3000円/予約2500円
ゲスト:村上ロック/小森/インディ/夜馬裕
申し込み方法:公式Twitter「ゴールデン街ホラーズ」からDMで受け付け

極上の恐怖を味わいたい方は「ゴールデン街ホラーVol.10」の観劇を見るべきです。
戻る