犬神憑かせて呪い殺したい奴はいるか!?犬神信仰の恐いお話パート1

呪術師 犬神信仰 犬神憑き 犬神筋
889 views
都市伝説
画像: BloodyRose ♡ on flickr
犬の動物霊である犬神にとり憑かれた人の状態を「犬神憑き」と言います。そして、犬神そのものを信仰して指す言葉を「犬神信仰」と言います。この犬神を駆使して人を呪い殺す呪術師の家系「犬神筋」は日本に存在します。

今回は、犬神にまつわる呪いについて紹介します。

犬神信仰の祖は鵺

「犬神信仰」の発祥のもとは、遠く平安時代にまで遡ります。伝説では昔、中国大陸から、頭が犬で、胴体が猿、尾が蛇という鵺(ぬえ)という獣が空を飛んでやって来ました。

鵺を見つけた武士が、弓矢でその体を三つに切り落とします。すると胴体はバラバラとなって各地域に落下しました。頭は阿波に落ち犬神に、胴体は讃岐に落ちて猿神に、尾は備前に落ちてスイカズラとなりました。

この伝説に出てくる犬神が、現在に伝わる犬神信仰の始まりだったのです。

犬神信仰は、四国・中国・九州一帯に渡り伝承され、その本拠地は四国とされています。高知・愛媛・香川や広島県、また山陰では石見に多く、宮崎・熊本・鹿児島県にも伝わっていました。

あわせて読みたい

今、一番読まれている記事