「怪談王スピンオフ!怪談クイーン決定戦」怪談最恐女子の座に輝いたのは、志月かなでさん!!

イベント 取材
1,416 views
潜入取材
画像: 日刊Ranpo
「怪談最恐女子」を決める『怪談王スピンオフ!怪談クイーン決定戦』が、2019年5月12日(日)、東京都新宿区の新宿ゴールデン街劇場で開催されました。

女性らしい怪談を披露する真剣勝負。リアリティーや怖さの追求はもちろん、構成力や話術も審査対象とされる厳しい怪談バトルです。見事、怪談最恐女子の座に輝いたのは、志月かなでさんです。

怪談クイーン決定戦

実話怪談の語り部たちが話の怖さを競い合う「怪談王」。今回は、怪談王のスピンオフ企画として、7名の女性怪談師のみで争う「怪談王スピンオフ!怪談クイーン決定戦」です。怪談業界注目の決戦が、令和元年に創設されました。

出場者は、篠目ゆき(都市伝説の花園)、本田兄妹・本田あやの(人力舎)、山口綾子(太田プロ)、疋田紗也(TDプロモーション)、萬屋千絵(タートルカンパニー)、芳燈れい(タートルカンパニー)、志月かなで(タートルカンパニー)の計7名です。

司会は、山口敏太郎(同企画プロデューサー)。

審査員は、桜木ピロコ(ライター、肉食女子の発案者)、福田副編集長(小学館)、外谷寛美(08クリエーション、西東社『本当に怖いシリーズ』編集者)。

怪談クイーン決定戦では、予選で7名の怪談師が、それぞれ10分間の持ち時間の中で怪談を語ります。その後、観客と審査員の投票によって上位4名が決勝戦に進めます。

決勝戦は、予選の順位4位から怪談を披露します。全員が怪談を語り終わったのち、投票が行われます。

次のページから、予選と決勝の激戦の模様を紹介します。

(画像:右から順に、芳燈れいさん、萬屋千絵さん、篠目ゆきさん、疋田紗也さん、志月かなでさん、山口綾子さん。なお、本田あやのさんは仕事のため途中退場し、画像には映っておりません)

あわせて読みたい

今、一番読まれている記事