両目を失くした哀れな遭難者!!ライフセーバーが体験した悲しい怪談!?

実話怪談
781 views
本当にあった怖い話
画像: Moody Fotografi on flickr

ライフセーバー恐怖の一夜

若い頃、ライフセーバーだったYさんの体験したお話です。

海で行方不明者がでると、夜遅くまで彼らライフセーバーは海に出て捜索にあたります。横一列に並びながら手をつなぎ、海の中を捜しました。

ある日、海に入った女性が行方不明となって捜索が始まりました。夜になっても見つからず、それから数日経っても発見されることはありませんでした。

そんな時、嵐が海岸に直撃するという予報が流れました。危険だと判断され、その日の捜索は早くに打ち切られました。すでに周囲は諦めムードになっていたそうです。

長時間の間、海に浸かった死体は、皮膚もブヨブヨになって最悪の状態となります。眼玉を魚が食べてしまうので、眼の無い死体が発見されることはよくあることでした。

あわせて読みたい

今、一番読まれている記事